http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

大統領の靴職人。 


Dominico DiMeola(ドミニク・ディ・メオラ)さん。

イタリア系アメリカ人で、三代にわたる靴職人の家系。
1946年、20歳でJohnston&Murphyに入社。
以来、40年以上にわたり同社のハンドメイド部門の職人として、歴代大統領の靴を製作。

1999年に73歳で逝去されています。

詳しくは、べじたんさんがまとめられています。


1954年の広告に、若き日のディ・メオラさんの製作現場が。

JM1954.jpg


計算すると、当時28歳。

ここには「機械縫製より手縫製の方が54倍の時間がかかる」とあります。


JM19541.jpg


アップ。


JM19542.jpg


V-cleatさんがシェアされた、1992年のカタログによれば、


通常ライン$150ドル前後に対し、ハンドメイドは$1000。
約7倍。それでも今からみれば格安ですが。。。



JM65.jpg
65年製“The Envoy”



JM HANDMADE AMBASSADOR111
75年製“The Ambassador”



共に、おそらくディ・メオラさんが手がけたモノかと。
だとすれば、上は39歳、下は49歳の頃の作、と。


作った職人さんの姿が分かるというのは、とても感慨深いです。






<<↓ 応援クリック宜しくお願い致します。>>
にほんブログ村 ファッションブログ 靴・スニーカーへ
にほんブログ村



Comment

Name - europeanblend  

Title - Re: 素敵な靴です…

JustJustin さん、こんにちは^_^

おそらく、76年製のアリストクラフトで、画像で拝見する限り、通常のSmooth Calfの
ように見えます。

Woolf Brothers はカンサス州を中心とした高級デパートで、この広告にも取り扱い店と
して記載されています。90s初頭にクローズしたようです。

JMで、このようなダブルネームのモノはハズレがない印象です。
この靴も素晴らしいと思います^_^

ご参考になれば幸いです。
2016.12.22 Thu 23:23
Edit | Reply |  

Add your comment