http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

私の日常靴シリーズ① ~Allen Edmonds ‘Mora ’ 


「無事之(これ)名馬」という格言があります。
もちろん競走馬の話なのですが、いろんなことに共通する言葉かと。

時計もそうですし、クルマもそうかもしれない。
いくら凝った時計でも壊れやすければ用をなさないし、
どんなに速いレースカーでも完走できなければ意味がない。

旧いクルマやスポーツカーに乗ってる人は、それとは別に日常用のクルマを
持ってることが多いと思います。

私もかつて、シトロエン2CVやアルファロメオスパイダー、サバンナRX-7(FC) などに
乗ってましたが、他に足クルマを所有していました。
FCなんかはメチャメチャ運転してて楽しいクルマで、すごく気に入ってましたが、
何せ燃費が犯罪的(笑)。毎日GSに行ってたような記憶があります。

50sのアメ車なんかに乗ってる人は、ほぼ間違いなく足クルマも持ってるはず。
だって、あれリッター1とか2ですから。ロータリーの比じゃない(^^ゞ


で、何が言いたいのかというと、旧靴愛好家にも同じことが言えるかも、と。
40s50sの「お宝」ビンテージ靴を日常履きにしているツワモノもいらっしゃるかも
しれませんが、さすがに雨の日には履けないでしょうし、旧いモノになればなるほど
破損の危険も大きいんで、何かと気を遣う。
旧いコードバンなんて一日中気が気じゃありません(^^ゞ


で、気兼ねなく履ける「足靴」(って表現がヘンか 笑)は必要。

革の厚い(=信頼できる)アメリカ旧靴を日常履きにしてる人もいるかもしれませんし、
70s以降の比較的新しい年代のモノを常用している愛好家もいるかもしれません。


私の場合は、例のRW104が中心なのですが、他にも10足くらいを常用しております。

その中でも使用頻度が高いのがこれ。



AE mora




アレンの“Mora” というモデル。

ご覧のようにアメリカ靴には珍しいダブルモンクストラップ。
おそらく2008年製。



AE mora8



2006年秋のカタログの表紙を飾っております。



AE mora9



このスエード革は、“Brogue Suede”というらしい。


AE mora 3



これは1年半ほど前に、地元の古着屋さんで購入。
試着のみのデッドストック状態で、格安(1万円台)でした。



AE mora6



正直、スエードの質はオールデンのカーフスエードなんには及びませんが、
まあ許せる範囲ですし、何より履き心地が素晴らしい。



AE mora5



ビブラムのハーフラバーが張られています。
純正カスタムなのか、ショップカスタムなのかは分かりませんが。



AE mora7


アレンの良いところは、屈曲性のよさと、長時間歩行しても疲れない、と
いうところ。あと、空港のセキュリティに引っ掛からないというのも◎。

いちいち脱ぐのはたいへん面倒ですし、公衆の面前でなんか情けない(^^ゞ
アレンも“Airport-Friendly”という表現でこれを謳っていますね。


AE mora4


「あまり履かないお宝ビンテージより、普段履きの靴に愛着を感じる」
というのは“旧靴あるある”だと思いますが(笑)、
このアレンなんかは私にとってその筆頭だったりします。






<<↓ 応援クリック宜しくお願い致します。>>
にほんブログ村 ファッションブログ 靴・スニーカーへ
にほんブログ村





Comment

Name - Mi  

Title - 

europeanblendさん、こんにちは。

足靴、私もあります!
60年代ハノーバーとフレンチシュライナー、
それに70年代インペリアル、ライト、あとやはりアレンエドモンズです。
50年代以前の靴はなかなか日常使用はできないです(笑)。

アレンは評価が不当に低いので、状態の良いモノが安く手に入るんですよね。
数も豊富なのでジャストサイズが出てきますし、履き心地も良いですしね。
ナオキさんが以前おっしゃっていた“出し縫いが白のうち”のアレンは高品質ですが、
もうちょい時代が新しくても日常使用には十分なクオリティーだと思っています。
現行アレンには残念なものもありますが…

europeanblendさんの足靴シリーズも楽しみにしております。
2016.11.16 Wed 17:06
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

Miさん、

> 足靴、私もあります!
> 60年代ハノーバーとフレンチシュライナー、
> それに70年代インペリアル、ライト、あとやはりアレンエドモンズです。
> 50年代以前の靴はなかなか日常使用はできないです(笑)。

「足靴」さっそく使って頂いて恐縮です(^^ゞ

さすがのラインナップですね。
ちょっと前なら60sあたりは「普段履きに良いよね」くらいでしたが、
最近この辺のデッドも貴重になったので、下ろすのがためらわれます(笑)。
ライト、FSPあたりは「実用靴」(という表現もヘンですが)として最強ですね。


> アレンは評価が不当に低いので、状態の良いモノが安く手に入るんですよね。
> 数も豊富なのでジャストサイズが出てきますし、履き心地も良いですしね。


アレンって10年くらい前は国内定価でも4万円台とかだったと思うんですが、
最近は随分と値上げされてるんですね。。。
ただ、おっしゃるようにヤフオクとかで良品が安く出てますし、PAなんかの定番品は
新古品でベイでも良く見かけますね。お得だと思います。


> ナオキさんが以前おっしゃっていた“出し縫いが白のうち”のアレンは高品質ですが、
> もうちょい時代が新しくても日常使用には十分なクオリティーだと思っています。
> 現行アレンには残念なものもありますが…


この“MORA”に関しても、2008年製ですが、特に不満はありません。
カジュアルラインなんかは、確かに残念なモノが多いですね(^^ゞ

向こうの通販カタログとかを見てても、80sのLLBEANを見てときめいたような
モノを感じられません。どうした、アメリカ?という。

多分に私個人のノスタルジーも入ってるのかもしれませんが、何となく、
クリエイディブな才能を持った人材がITなどの他分野に流れてるような気もします。


> europeanblendさんの足靴シリーズも楽しみにしております。


ありがとうございます(^^ゞ
コレクション靴と日常履き靴を分けるのも本末転倒なのは重々承知しておりますが(笑)、
年代や市場価値に関係なく、自分の好きな靴のことを書くのって、純粋に楽しいなと思っております。
2016.11.17 Thu 00:20
Edit | Reply |  

Add your comment