http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

Weyenberg Four Eyelet Front Seam Blucher #367X (60s NOS w/BOX) 

ウェインバーグのUチップ。
箱付きデッドストックで、69年製。



weyenberg367X.jpg



品番367X。368のブラックバージョン。



weyenberg367X 2



これはアイルランド製。
当時設立されたウェインバーグのアイルランド工場で作られたもの。



weyenberg367X 3


戦後、繁栄を謳歌したアメリカ経済も、60年代後半に入ると、ドイツや日本の追い上げ、
ベトナム戦争への介入により、しだいに怪しくなっていきます。

ウェインバーグ社も1965年にNunn Bushを吸収。これはスケールメリットを生かすためだったと
思われますし、海外工場の設立も人件費などのコストを抑える目的があったのでは、と。



weynberg367X 8



69年途中から、この丸文字ロゴに変わっているように思います。
このロゴだと食指が伸びないかもしれませんが、フローシャイムと一緒で、
70s初頭までは60sと同等のクオリティを感じています。


weynberg367X 12



63年(左)とのロゴの違い。
カッコいいのは旧い方ですけど。




weyenberg367X 1


weynberg367X 11




weynberg367X 9



革質も、ステッチワークの細かさも同等に見えます。

ちなみに左はEウィズ、右はBウィズです。



weynberg367X 8 (2)


目付の部分は、溝が切ってある分、アイルランド製の方が丁寧かも。



weynberg367X 13



ウェインバーグを見るポイントはこのアーチクッションの部分かと。
時代が下るにつれ、ここが簡略化されていきます。



weynberg367X 6



このロゴの年代でも初期の頃は良い、と。
ただ、まあ、あえてこの時代のユーズドを買う必要はないかもしれません(^^ゞ



weynberg367X 5


インスタで画像あげると、こういう60sのUチップは海外の人から「いいね!」をもらうことが
多いです。特にウェインバーグのモノは「探しているけど、どこで買える?」とよく聞かれます。

この367(368)は50sから80s頃まで作られ続けたロングセラーモデル。

派手さはないですけど、その分、飽きのこない完成されたデザインなのかもしれません。




<<↓ 応援クリック宜しくお願い致します。>>
にほんブログ村 ファッションブログ 靴・スニーカーへ
にほんブログ村


Comment

Add your comment