http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

アメリカ旧靴と“Made in USA”表記 


“Made in USA”表記。
アメカジ好きとしてはたいへん心ひかれるモノがありますね。
ただ、ビンテージシューズ愛好家としては、この表記があるとちょっと微妙、という判断になるかもしれません。

アメリカドレスシューズでは、おおむね80s以降に入れられるようになったケースが多いからです。



アレンエドモンズでは、79年あたりから。


allen 79 made


フローシャイムは、84年あたりから(ただし、これ以降でも表記無しのモノも存在)。

FSPも、80年近辺から。

J&Mは、70s後半あたりから?




genuine leather




あと、70s後半以降を示唆するモノとしては、このヒトデ型の“Genuine Leather Mark”がありますね。
これは、英国では76年に、イタリアでは77年に認証制度ができた、とのこと。
http://www.leathercouncil.org/LeatherMarkSummary.pdf

(イタリアではそれ以前、71年頃からこのマークは使われていたようですが。
http://www.thehistorialist.com/2011/02/guaranteed-100-genuine-leather.html)


コルファム(デュポン社の人造皮革)の発売が1963年、数年後には急激にコストが下がって
安価に製造されるようになりましたから、これらとの差別化の意味があったのでしょう。



つまり、“Made in USA”表記とヒトデ型本革マークは、だいたい80s以降、との判断ができるかと。




あと、古着屋さん等で、こういうマークがある衣料品などを見かけますね。



crafted with pride


これは1984年に始まったキャンペーンで、貿易赤字を解消するために、
自国民に「アメリカ製品を買いましょう」とアピールしたモノ。


“Made in USA”表記も、この“Crafted with Pride Made in USA”ロゴも、
主に内需拡大を企図したモノだと思われます。


で、自宅アーカイブから、最近面白いモノを再発見(^^ゞ


これなんですが。



blackrock3.jpg



“ Black Rock Shoe”というブランドの外箱。
Matchland Shoe Co というボストンのメーカーの手によるモノらしい。



blackrock4.jpg


この紳士の絵が年代を示唆しています。

肩パッドが入ったブロードショルダー、ワイドラペルのスーツ。
これは1930年代から40年代にかけて流行したボールドルックと思われます。



blackrock2.jpg


箱には、「アメリカの熟練労働者が製作」とあり、数々の靴のアピールポイント
が図解されています。

そして、“Made in USA”表記も。

世界恐慌をきっかけに、アメリカでも1933年にF・ルーズベルト大統領が金輸出禁止を指令。
各国が経済ブロックを形成し、貿易が停滞。これが第2次世界大戦を招いたとされます。

つまり、この戦前の時期にも内需拡大の必要と、ドルブロック圏への輸出、
ナショナリズムの高揚等の理由から、“Made in USA”が入れられたのではないかと。
もちろん、全てではないと思いますが、それが入るモノがあった、というのは確かなようです。


旧い時代と新しい時代の“Made in USA”表記。

経済状況と照らし合わせると、面白いですね。





<<↓ 応援クリック宜しくお願い致します。>>
にほんブログ村 ファッションブログ 靴・スニーカーへ
にほんブログ村



Comment

Name - なおけんた  

Title - 

私のようなおっさんは、現代の靴や服で MADE IN USA を見つけると嬉しいんですが、こと古靴に関しては MADE IN USA は残念な言葉です。複雑ですね(笑)。
でも、もっと古い時代のもので MADE IN USA があるのを知るとますます複雑です。
いつの時代でも、MADE IN USA は気になる言葉です。
2016.11.13 Sun 23:24
Edit | Reply |  

Name - kuromame  

Title - 

最近、ペンドルトンのウールシャツを探してたんですが、これもmade in usa 表記は70年代以降みたいですね。靴は古いものほどウエストが絞られている印象ですが、シャツは現行品と比べるとウエストがゆったりしているので、なかなか合うものが見つかりません。だもんで、無印のフランネルシャツで妥協してしまいました(-_-;)
2016.11.14 Mon 10:45
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

なおけんたさん、


> 私のようなおっさんは、現代の靴や服で MADE IN USA を見つけると嬉しいんですが、こと古靴に関しては MADE IN USA は残念な言葉です。複雑ですね(笑)。
> でも、もっと古い時代のもので MADE IN USA があるのを知るとますます複雑です。
> いつの時代でも、MADE IN USA は気になる言葉です。


ニューバランスなんかは“Made in USA”や“Made in UK”は有難味がありますよね(^_^;

British Walkers なんかはオーストラリアなどに輸出していたようで、こういうのには
時代を問わず“Made in USA”表記があるようです。

2016.11.14 Mon 10:47
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

kuromameさん、

> 最近、ペンドルトンのウールシャツを探してたんですが、これもmade in usa 表記は70年代以降みたいですね。靴は古いものほどウエストが絞られている印象ですが、シャツは現行品と比べるとウエストがゆったりしているので、なかなか合うものが見つかりません。だもんで、無印のフランネルシャツで妥協してしまいました(-_-;)


アレは、私も大好きで、一時期集めてました(^^ゞ
ボックスシルエットですよね。


ちょうど、近くの古着屋に“Sir Pendleton”のものすごいウールコートがあって、
ずっと迷っているんですが、九州では要らないんですよね。。。
2016.11.14 Mon 10:54
Edit | Reply |  

Add your comment