http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

Allen Edmonds MacNeil (70s NOS w/BOX) 


アレンのマックニール。
言わずと知れたアレンのロングウィングの代表モデル。




AEmacneil75 21



これは75年製、「斜体字」期の箱付きデッドストック。




AEmacneil75.jpg




みなさまご存知のように、アレンの箱付きデッドは意外と見つけにくいですね。




AEmacneil75 2



極細ウィズ。サイズを上げ、横幅で合わせております。
ですので、期せずしてロングノーズ気味。



AEmacneil75 5



全周ストームウェルト。
出し縫いのピッチの多さ、細部の作り込みの丁寧さ。さすがはアレン。



AEmacneil75 6



以前に比べれば、ずいぶんマシにはなったものの、
それでも日本でのアレンの評価は不当に低過ぎると思っています。



AEmacneil75 4



50s、60sのビンテージアレンのオーラは別格ですが、別に斜体字期でなくとも、
アレンはクオリティを十分に保っているように感じます。

個人的には、90sであっても十分食指が伸びますね。



AEmacneil75 8



なのに、安い。
90sとかなら程度の良いモノでも数千円で買えることも。

フローシャイムは何だか最近微妙に「ブランド化」していて、80s90sでも一応「値」が付いている
のに、アレンは悲しいくらい無風。



AEmacneil75 10




革質についても、たぶんグリセリン入れれば、60sフローシャイムと同等くらいにはなるのでは、と。




AEmacneil75 7





AEmacneil75 20



AEmacneil75 15



箱付きデッドの楽しみのひとつが、こういう内部の包装紙。
触れて、眺めて、愛でる(^^ゞ



AEmacneil75 16



このリーフレットなんかも嬉しい。


AEmacneil75 17



やっぱり箱付デッドストックは魅力的。



AEmacneil75 18 (2)




昔、星の数ほどあったアメリカ靴メーカーの中で、結局生き残ったのはアレンとオールデン。



AEmacneil75 12



オールデンは、まあ、何と言うかニッチなところで生き残った感じがしますが、
アレンは大メーカー。


AEmacneil75 19


むずかしかったはずなんですよね、大きなメーカーの方が。
固定コストがかかるんで、大きな売り上げを維持しなきゃいけないでしょうし。




AEmacneil75 9




そういう意味では、よほど経営手腕が素晴らしかったのでしょうし、
消費者の信頼を維持するだけの努力を怠らなかったのでしょう。






<<↓ 応援クリック宜しくお願い致します。>>
にほんブログ村 ファッションブログ 靴・スニーカーへ
にほんブログ村



Comment

Name - なおけんた  

Title - 

私も昔からアレンの日本での「不当な扱い」に不満を持ってきた者です。
トレーディングポストのスタッフにも訴えたことがあります(笑)。
苦笑いしてましたが。
TP側もそれほどメディアにプッシュしてなかったような気もします。

アレンは70sでも他のブランドより革質がいいような気がします。
70sの靴を60sかなと勘違いした覚えがあります。
ずっといい靴を作り続けてきた(しかもアメリカで)真面目なメーカーですね。
2016.11.10 Thu 19:17
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

なおけんたさん、


> 私も昔からアレンの日本での「不当な扱い」に不満を持ってきた者です。
> トレーディングポストのスタッフにも訴えたことがあります(笑)。
> 苦笑いしてましたが。
> TP側もそれほどメディアにプッシュしてなかったような気もします。


なおけんたさんは以前からそう仰ってましたよね。
一つ思うんですが、アレンってコードバンを除けば、現地価格で300ドル近辺のモノが
多いようです。たぶん、私たちがリーガルやスコッチグレインの上級グレードを選ぶ感覚に
近いのかな、と。
それが日本では7,8万になっちゃいます。こうなるとなかなか手を出しずらい。
この辺の価格帯になると、他にも選択肢が増えますから。

この微妙な内外価格差も影響してるのではないかと。
良い靴なんですが。

ちなみにマクニールのコードバンは現地正価が650ドル。
これに対し、日本の正規価格が何と税込167,400円!

コードバンの高騰はもはや異常ですね。。。



> アレンは70sでも他のブランドより革質がいいような気がします。
> 70sの靴を60sかなと勘違いした覚えがあります。
> ずっといい靴を作り続けてきた(しかもアメリカで)真面目なメーカーですね。


オールデンとアレンはさすがに生き残っただけあって、年代による落差が
さほど感じられませんよね。すばらしいことだと思います。
特に私たちのようにフローシャイムなんかで質の凋落ぶりを感じてる者には
それがよく分かるというか。。。

70sのBrentwoodのオリジナルと2004年製の復刻Seneca、ほぼクオリティに差は無いように思います。


2016.11.11 Fri 00:09
Edit | Reply |  

Name - kuromame  

Title - 

以前にFairfaxという80sホールカットのアレンを持っていました。サイズが小さめで手放したんですが、革質はとても良かったのを覚えています。それにしても、国内外でそれだけ価格差があるんですね。だいぶ、ぼったくry

アメリカ靴を現行品で狙う人はオールデンに行ってしまいますし、ビン靴マニアの人は50~60sあたりを狙いますから、人気がないんですかね。そのあたりのアレン、ほとんど見ないですし。あと現行品も検索に引っかかってくるので、探しにくいのもあるかと思います。

そんななか、布タグのアレンを掘り当ててくるtomojinさんはすげえなあと(ー_ー)!!
2016.11.11 Fri 12:35
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

kuromameさん、


> 以前にFairfaxという80sホールカットのアレンを持っていました。サイズが小さめで手放したんですが、革質はとても良かったのを覚えています。それにしても、国内外でそれだけ価格差があるんですね。だいぶ、ぼったくry


たぶんですが、アレンは斜体字から90sあたりまで、ひょっとしたら2000年代くらいまでは
あまり質が変わってないのかな、と。現行でもカジュアルな安めのラインは別として、
こういう定番モデルはクオリティが高い印象があります。


> アメリカ靴を現行品で狙う人はオールデンに行ってしまいますし、ビン靴マニアの人は50~60sあたりを狙いますから、人気がないんですかね。そのあたりのアレン、ほとんど見ないですし。あと現行品も検索に引っかかってくるので、探しにくいのもあるかと思います。


ですね。
どうせなら布タグあたりを探したいですよね、私たちは(^^ゞ

多くのアメリカ靴メーカーは60s後半あたりから「徐々に」質が低下していってる
印象がありますが、オールデンとアレン、あとFSPあたりはその落ち込みが少ない、
おおまかにはずっと昔のクオリティを維持してたように思います。
やはり景気の影響を受けやすかったのは、一般大衆靴メーカーだった、ということかなと。

ですから、アレンやオールデンであれば、80s90sでも、他メーカーの50s60sのクオリティは
あるように個人的には感じています。
もちろんUウィングとか、アールデコは旧いモノを探すしかないですけど。


> そんななか、布タグのアレンを掘り当ててくるtomojinさんはすげえなあと(ー_ー)!!


ですよねえ^_^
上記のことを勘案すれば、布タグ期のアレンや50sオールデンはもの凄いことになりますし。
しかもtomojinさんお持ちの布タグアレンは40sの初期のモノですからね。

たかさんは19世紀のブーツをお持ちのようですし、tomojinさんも1910年代のブーツをゲット
されたようで、もうこの界隈では行きつくとこまで行ってしまったのかな、と^_^

周りの誰かがお持ちであれば、もう個人的には満足です^_^;
見せてもらえるだけで嬉しい、というか。

お仲間が所有されているモノは「みんなのモノ」と。
なんかジャイアンみたいですけど(^^ゞ
2016.11.11 Fri 13:49
Edit | Reply |  

Name - スニゲーター  

Title - 

アレンの古いものはマイサイズを見たことないです。
あまりにレア(というか探しづらい)なため、私はほぼ諦め・・・。いや、この逆境こそがチャンスに違いないですが。
アレンの布タグだと、この間まで物凄いものがヤフオクに出てましたね。
4万円近い値段でしたが、決して高い価格設定ではなかったと思います。マイサイズならS1414と同じ出品者だったため、一緒に5回払いくらいで買ってよかった・・・(笑)

kuromameさんのコメントですが・・・
>ビン靴
あっ、この表現いいですね。横からお借りします(笑)
2016.11.11 Fri 22:12
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

スニゲーターさん。


> アレンの古いものはマイサイズを見たことないです。
> あまりにレア(というか探しづらい)なため、私はほぼ諦め・・・。いや、この逆境こそがチャンスに違いないですが。
> アレンの布タグだと、この間まで物凄いものがヤフオクに出てましたね。
> 4万円近い値段でしたが、決して高い価格設定ではなかったと思います。マイサイズならS1414と同じ出品者だったため、一緒に5回払いくらいで買ってよかった・・・(笑)


たとえばですが、フローシャイムだとS品番「直後」、アレンだと布タグ「直後」というのは
実質的にそれ以前とほぼ変わらず、値段も手ごろになると思われるので狙い目ではないかと。
何となく、「S品番」や「布タグ」という言葉で定義すると、それに縛られがちになりますけど、
私たちはあまりそのこと自体が意味を持たないことを経験上知ってますからね^_^;
2016.11.12 Sat 11:03
Edit | Reply |  

Name - tomojin329  

Title - 

アレンはある程度年代も特定出来てきているので、もうそろそろ陽の目を見るかなと思っていましたが思いのほかアメリカ旧靴では人気が出ないですね。

その方が我々としては良いのかもしれませんが^^;
やっぱりちょっと寂しい・・・

因みに少し前ですが斜体期ロングウィングで珍しいペアを発掘しました(^^)v
macneilではないロングウィングです。
2016.11.14 Mon 22:14
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

tomojin329さん、こんにちは。


> アレンはある程度年代も特定出来てきているので、もうそろそろ陽の目を見るかなと思っていましたが思いのほかアメリカ旧靴では人気が出ないですね。


ねえ^_^
チラッと思うのは、年代がピンポイントで判定できるのって、アレンの場合70s以降で、
それより古い年代は大まかな推定しかできないのもあるのかな、と。

でもまあ、私たちの中でのいちばんの理由は、現行品に埋もれて見つけにくい、という部分でしょうね。
フローシャイムなんかは明らかに「オーラ」が違うので、見つけやすいですが、
アレンは現行に近いモノも良いので、わかりづらいというのがありますね。

私もアレンを根気よく探そう、と思って見てて、途中で横道に逸れる、なんてことが良くあります(^^ゞ



> その方が我々としては良いのかもしれませんが^^;
> やっぱりちょっと寂しい・・・


これも少し感じることですが、例えば、オールデン。
相変わらず、大人気ですよね。今やカーフでも10万近い。
コードバンなら中古でも、平気で5万以上はします。

ところがビンテージの方が「安い」んですよね。
「S品番」期のオールデンデッドが5万とか。。。

オールデンファンは基本コードバンを狙うのでカーフやキッド中心の
ビンテージオールデンには興味がないのかもしれませんし、旧靴愛好家に
とってはオールデンだと何となくつまらない、と思ってる人が多いのかも。


あと、オールデンはアレンは現行品(に近い)モノでも遜色ない、というのが
大きいのかもしれませんね。


> 因みに少し前ですが斜体期ロングウィングで珍しいペアを発掘しました(^^)v
> macneilではないロングウィングです。


例のカタログ見てると、マックニール以外もいろいろありますね。
どんなのか興味津々です。
たかさんやtomojinさんが博物館級の旧い靴をお披露目してくれるので、
たいへん目の保養をさせて頂いております^_^
2016.11.15 Tue 13:56
Edit | Reply |  

Add your comment