FC2ブログ
http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

私の好きなYouTuber。 

もう2か月近く家に籠ってるので、YouTubeは最高のお供。私がよく見るのは、旅系のチャンネル。特に好きなYouTuberさんを。まずはスーツさん。鉄道系YouTuber。絶大な人気で、今や「神」と呼ばれておりますね(^^;結構初期の頃から見させて頂いておりますが、とにかく知識が豊富でしゃべりが超うまい。スゴイなと思ったのは、初海外旅行がシベリア鉄道でヨーロッパ。境港から出国って。。JRの入社試験落ちて、国立大に推薦で受かった...
Read More

ブルックスブラザーズの矜持。Brooks English Punched Cap Toe (NOS w/box)。 

Brooks English はかつてブルックスブラザーズが展開していた英国製紳士靴。『特上』にあたるのがPEALで、『上』がBench-Madeライン、そして『並』がこのBrooks Englishシリーズ。ただ、『並』といってもその多くはチャーチやチーニー製。90年代半ばくらいまでのモノなので、革もつくりも文句ない。これはおそらく末期のモデル。幅狭用の911(CURZON)ラストが使われたPunched Cap Toe。べじたんさんの検証によれば、80年代後期から...
Read More

オリジナル・ヴィンテージの凄み。Florsheim Suede Punched Cap Toe (50s)。 

Florsheim Brown Suede Punched Cap Toe。内部表記が“〇F-〇〇〇〇”方式で、先頭数字が「3」なので、53年製と判断。ビンテ―ジ・スエードキャップトゥのお手本と言えるスタイル。細ウィズともあいまって、とってもラブリー。ご覧のように、コバの外側が張り出していて、その外縁に沿ってホワイトステッチがかけられています。鋭角なスペードソールとは違い、ラウンド型のスライトリー・スペード。これが程よいアクセントになってる...
Read More

コロナ籠り中。オールデンコードバンを磨く<2>。 

STAY HOMEということで、靴磨きにはもってこいですね。。Alden Algonquin Modified Shell Cordovan #54321。常用してるオールデンの中では最古参。14年目。とは言っても履くのは年に数回。ちょっと履いては放置する、という靴にとっては最も悪い仕打ちを繰り返してきました。今回も半年くらい靴棚に放っておいたので、ちゃんとケアしてあげようと。使ったのはこの辺。コロンブスのチューブクリーナー。たぶん、ちゃんとした靴好き...
Read More

Foot-So-Port U-tip (60s Deadstock)。 

68年製、FSPのUチップ。自宅お片付け中に発見しました。ご覧のように、Apron Front、Four-eyeletの、この時代よく見るUチップですが、ローポジションシームではないため、Weyenberg 368などとは違って見えます。60s後半のモノですが、すでに金シール。私の調べた範囲では、80s初頭まで付いてた様子。70sにはだいたい(片方に)付いてます。ちなみに64年のモノには布タグがありました。アウトソールは綺麗な半カラス仕上げ。デッド...
Read More

北陸のビンテージ名店から、英国製ビンテージ靴を。 

以前から、富山のFOREMOSTさんには一度お伺いしたい、と。やはり良いビンテージショップには、良い靴も置いてあるものです。「審美眼」が確か、というか。ネットストアで見つけたのがコレ。ビンテージチャーチ。とは言っても、ネームは別。そう、皆さんご存知、“AM”です(^^)60sに入ってそうな気がします。新しくとも70s初頭あたりかな、と。数回履き程度のミントコンディションで、穴飾りがまだ真新しい。着用10回以内、たぶん4,5...
Read More

Fratelli Borgioli Exclusive Norwegian Construction。 

知らないブランドでしたが、良さげに見えたので。フィレンツェのメーカーらしい。検索すると、大手量販店取り扱いのスリッポンが出てきますが、この靴は。。飾りってことはないだろうから、たぶんNorwegian製法。HP見ると、ブレイクなどいろんな製法を使ってるようですが、Norwegianもやってるらしい。https://www.borgiolishoes.it/en/special-techniques/サイドにスキンステッチ(シャドウステッチ)。凝ってますね。ソールはこ...
Read More

コロナ籠り中。オールデンコードバンを磨く。 

引続き自宅待機中。。皆様も靴磨きに勤しんでいらっしゃるかと思います(^^)あと、お片付け。掃除機が壊れまして、Amazonで急遽買いました。安いヤツですが、前のは10年使ったので、吸引力にビックリ。しかしAmazonマジ早い。昨日の深夜注文して昼に届いた。たぶん鳥栖から来たのかな。毎日1足ずつ磨いております。昨日はコレ。オールデン9901。ブラックコードバン。言わずと知れた定番ですね。13年ほど前に、アダムさんのとこから...
Read More

ZOZOMATでのおススメスニーカー。 

私は左右差が激しい(誰しも少しは違うものですが、たぶん数千人に1人のレベル)ので、基本大きい方に合わせてます。いくつかのお店でオーダーしたときに、メジャーシートを確認したので、自分の数値は知ってるのですが、ZOZOMATでもかなり近い数値が出ました。ただ、この辺の結果は意外。甲高、幅広だと思っていたので。。右と左でかなり違うので、どちらのことを言ってるのか。平均値を取ってるのかな。う~ん。で、おススメされ...
Read More

1930年代の靴?GERMANIA CAP TOE。 

アウトソールに‘GERMANIA’と刻印された旧そうなキャップトゥ。1905年に、パテント登録がありました。Hine & Lynch はニューヨーク市の約100キロ北方に位置するポキプシー(Poughkeepsie, NY)にあった古いメーカー。前回「初めて実物見た」と書きましたが、以前からウオッチしているなかに、50s~60s付近と思われる同社の靴がありました。したがって、少なくともこのあたりまでは存続していたと思われます。おそらくカンガルー革。...
Read More

ブルーウィング。MAGNANNI Wingtip ‘Roda’  

スペイン・イタリアの靴は今までほとんど足を出してきませんでした。コバが薄く、華奢な印象があったので。ただ、コレはグラフトン型ロングウィングで、色目もキレイだったので、初挑戦。(出品画像より)箱付き未使用で、たぶん10年近くは経ってる気がする。たぶんボロネーゼ?まあマッケイ系統。構造上、このゴムパッドは結構意味ありそう。マグナーニは北米市場にも力を入れてて、オハイオ州にアメリカ拠点を置いてる。6人兄弟...
Read More

BARBARIAN のラガーシャツを追加。 

HARUTAの靴を返品したので、AMAZONのギフトカード(チャージ式)に返金が。クレカでチャージできるので、クレカポイントが少しは貯まる。ごくわずかではありますが。なんか買おう♪いつもこの時期、セントジェームスのボーダーシャツかバーバリアンのラグビーシャツ着てるので、その辺を物色。ちょうど半額になってたBARBARIANをポチりました。高校、一応ラグビー部だったんです。体験入部で辞めたけど(^^;福岡堅樹くんの先輩です。...
Read More

アーチフィッティング。Alden Algonquin Modified Last #539。 

たぶん、このサイズが『最適解』だと思って買った90sデッドのオールデン。足長ではなく、アーチレンクスに合わせ、捨て寸を多目に。おそらくですが、アナトミカさんや向こうのオーソペディックショップでもこのサイズを推奨されるかと。NB574の「新マイサイズ」を勘案しても、たぶんコレで合ってる。モディファイドで自分サイズを見つけると、他の靴が全部合ってないような感覚になります(^^;困ったもんだ。ドレスライン(ニューイ...
Read More

このメーカーのは初めて見た。 

こんなのを拾いました。以下オク画像より。ソールに“GERMANIA”とあり、「ドイツのサービスシューズ?」とのことでしたが、たぶんココですね。NYにあったすごく古いメーカーで、ここの実物を見たのは初めて。おそらく30sとか、その辺。革の状態も良く、その気になれば履けそうな気もする。。(^^;まあ、アメリカ靴の歴史における貴重な資料ですね。個人的には持て余すのだけど。。(笑)<<↓ 応援クリック宜しくお願い致します。>...
Read More