FC2ブログ
http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

コンフォートクッション。Florsheim “The Glenfield”(60s Deadstock)。 

最初は“The Laurel”かな、と思ったのですが。調べてみると、“The Glenfield”というモデルでした。68年製のデッドストック。いつものDVCさんの69年カタログによれば、“Closed Seam Front Blucher”とある。クローズドシーム、なるほど。確かに、OverlayでもUnderlayでもない。で、特徴は何といってもコンフォートクッションインソール。アーチプロップの後継かと。アーチクッションも。タン裏に結構厚めのパッド。このシリーズ、WIDT...
Read More

舌の根も乾かぬうちに。Florsheim “The Exeter”。 

私が利用している転送屋さんは、1ヵ月無料保管してくれます。で、1足も2足も送料あまり変わらないので、だいたい2,3足まとめて送ってもらうように。あとま、靴紐とか、カタログとかの小物が一緒のときも。ただ今回、1足だけのまま残り10日に。何か買わないと。 ←本末転倒。。(^^;ちょうどいいのを見つけました。お分かりですね。31326、Bookbinder Coventry Calfの“EXETER”。アレンで言うと“BELGIUM”ですね。シングルピースで、...
Read More

足るを知る。 

「足るを知る者は富む」私にはいちばん耳の痛い言葉ですが(^^;最近、「靴以外」の面では理解できるようになったのかな、と思います。例えば、飛行機や新幹線。ビジネスクラスやグリーン車に一度は乗ってみたいと。後者は在来特急を含め、何度か利用してみました。確かに快適ではあるけど、うん、まあ、こんな感じなのね、と。飛行機のビジネスクラスは、3月にロンドンへ行ったときにエコノミーとのあまりの違いに驚き(笑)、マイ...
Read More

初イタリア靴。GENESIO COLLETTI サイドエラスティック。 

「俺のダンディズム」靴の回で、店主マダムMが言ってました。「紳士靴は大きく2つの産地で論じてしまっていい。それはイギリスとイタリア。」・・・森口瑤子さんがおっしゃることだから異を唱えません(^^;そもそもこういう短時間ドラマで紳士靴のすべてを紹介するのはムリだし、オールデンは出てきましたから。それに基本的にはそうだと思いますね。靴職人をめざして修行に行くなら、英国かイタリアでしょうし。で、私、イタリア...
Read More

オヤジ2人で福岡・天神散歩。 

ダイナマイトK氏が「リーガルを見たい」と言うので、一緒に天神へ。まずはココ。By JKT-c - Taken by JKT-c., CC 表示 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=4499592岩田屋。現在は三越伊勢丹傘下ですが、福岡におけるターミナルデパートの嚆矢。「岩田屋の5階」と言えば、福岡の靴好きならたぶん知らない人はいないかと。ジョンロブもショップインショップ形式で店舗を構えています。JLで気になるモノはあったも...
Read More

プラチナ万年筆プレジール。 

万年筆を使うのって何年ぶりだろう。学研「中一コース」の年間予約特典で、ピンクレディーのサイン入り万年筆をもらって以来だから、実に40年ぶりか(^^;https://item.mercari.com/jp/m13235518172/懐かしい。。アマゾンプライムビデオで、「俺のダンディズム」を見直してて、急に万年筆欲しくなった。靴と同じでこれもピンキリなんだろうけど、安くて評判が良いモノをとりあえず。プラチナ万年筆のプレジール。本体色はいろいろあ...
Read More

共に50s。Weyenberg と French Army M-47 Jacket。 

フランス軍M-47ジャケット。前期モデルで50年代のデッド。M-47パンツの上ですね。セットアップするとガチな人になるので、上下別々で着ますが、このコットンツイルの質感が好きです。で、こっちは最近拾ってきたウェインバーグのキャップトゥ。カンガルー?おそらく1950年ジャスト。年代はともに50sですが、スタイル的にはもう少し古いですね。アメリカとフランス。国は違えど、同時代のモノ。同じ空気を感じます。<<↓ 応援ク...
Read More

やはり革が別物。Florsheim Imperial Kenmoor 93602(60s)。 

70s初頭辺り(72、73年?)でフローシャイムインペリアルの革質がガラリと変わる。このことは、両方経験されてる方なら同意頂けるかと思います。オイルショックなんかが影響してるのでは、と書いてきましたが、71年のニクソンショックがやはり大きいかな、と。ドルが切り下げられ、輸入コストが大幅に上昇したのは容易に想像できます。世界経済における「アメリカ一強」時代の終焉。そのことをフローシャイムをはじめ、アメリカ靴...
Read More

何という革。HERZ創業者モデル メッセンジャーバッグ(W-3) 

HERZを見かけるたびに革に感心するのだけど、一目ぼれして先日購入したのがコレ。創業者モデルのメッセンジャーバッグ。詳細はこの辺 →‘豪快な革鞄を思わせるワイルドメッセンジャーバッグ’とにかく革が分厚くて、ワイルド。F&E風に言えば、ラギッド(^^;最近軟弱になってきて(^^;カバンはできるだけ軽い方が良いと、ユニクロのバックパックなんかを使ってるワケですが。あれはアレで割り切った潔さがあるけれど、これは真逆のベク...
Read More

13年目。パラブーツのシャンボード。 

Europeanblend's Archives 第17回。PARABOOT CHAMBORD。 →12年前の記事。当時未使用品を、それこそ3万円で手に入れた記憶があります。モノ自体は2003年製かな、と。色目はマロン。買った当初は結構履いていたのだけど、アメリカ旧靴に深く傾倒したこともあり、長らくしまいこんでおりました。ここんとこ、また気分になってきたので、ちょくちょく使っています。ボートネックのシャツが好きで、セントジェームスをひいきにしてたの...
Read More

「3万円」の使い道。 

3万円。http://tech.spotcoolstuff.com/laptop-review/best-notebooks-under-300-dollarsセレブリティは置いといて、一般的にはわりと「まとまった」金額だと思う。安い居酒屋なら週に2~3回は行ける。シャツなら結構良いのが選べる。ネクタイなら東京ミッドタウンでマリネッラが買える。スーツもパターンオーダーなら(店や生地にもよるが)、わりと作れる。東京に行ける。。ちなみに、今私が使ってるDELLの格安ノートがそれくら...
Read More

旧いM.T.SHAWを落札。 

ここも80s付近まで頑張っていたメーカーなんですが。ミシガン州はコールドウォーターというところにあったM.T. SHAW。たぶん無風だろうとは思ってましたが、やっぱり予想通り。。(^^;結構旧いデッドなんですけどね。。素材はカンガルーか、キッドスキンか。ここはDOUBLEWEAR、BRONSONなどの通販系ブランドの靴も手掛けていたところ。RED WINGのドレス系短靴にもここのOEM品を見かけます。「タイムカプセル」付き。。この手の靴は結...
Read More