FC2ブログ
http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

広福ライナー。カレーを食べに広島へ。 

ちょこっと書きましたが、広島へ行ってきました。特に目的はなかったのですが、今月中にANAクラウンに泊まるとボーナスポイントが付くということもあって、調べたら広島のアナクラが安かったから。広島までは新幹線。。。ではなく、高速バス。「広福(こうふく)ライナー」 片道4時間半。福岡ー広島間はおよそ280km。地味に時間がかかりますが、上海ーロンドン12時間「地獄のエコノミー」や、どうでしょう班を苦しめた14時間「は...
Read More

60年前、フローシャイムが提案した都会的なウィングチップ。 

ローファーは学生的だから。ウィングチップはオヤジくさいので苦手、という意見があります。人の好みはいろいろなので、ぜんぜん構わないのですが、逆に言えば、それだけ人口に膾炙したデザインということなのだろうと思います。ウィングチップはそのルーツから言って、重厚でコバが張り出し、力強い雰囲気が特徴的。Imperial Kenmmor が言わずと知れた代表例ですね。で、アメリカ旧靴が面白いのは、その一方で、さまざまな「挑戦...
Read More

古靴はどこから来るのか。 

ヤフオクとかで流れてる大量の古靴。個人の不用品もありますし、「おっ!」と思うモノはお仲間の出品だったりしますね。あと多いのは業者さん関連。基本的にはスルーするような靴が多いのだけど、中にはお宝が混じってることも。有名ブランドならそれなりの価格にはなるのですが、アメリカ旧靴にはまだまだ無名ブランドも多いので、一応チェックをしてる出品者もいます。たぶんこの界隈の皆さんなら、2,3思い当たるかと。。。で...
Read More

余はいかにして旧靴愛好家となりし乎② ~オールデンとの出会い~ 

足が大きいと、昭和の時代は靴選びに苦労がありました。東京や大阪なら違ったと思いますが、当時の博多はまだ一地方都市。体育の並び順が常にいちばん後ろだった私にとって、服や靴を買うのは大変でした。服はデパートの通販やお取り寄せでまだ何とかなりましたが、靴はそもそも製造してない、ということも多かった。私の足が外反母趾気味なのは、むりやり小さなサイズの靴を履き続けたからでしょう。20年ほど前、本格靴の存在を知...
Read More

ノーサンプトンで買った3足の総括。 

ネットオークションで安く手に入れることに喜びを覚えてる私にとって、ファクトリー価格であっても買う気になれるのかどうか、というのは今回の大きなテーマでした。いかに正価の半額以下とはいえ、元の値段がそもそも、ね。。。なので、なるべく自制心を持ってノーサンプトンにのぞみました。アメリカ旧靴愛好家としての矜持みたいなモノもあるにはあるから(笑)。まあ、1足くらいは記念に買う、くらいの気持ちで。結果はノーサ...
Read More

広島にて。 

広島に来ています。特に用事はないのですが(^_^)せっかくなので、広島駅となりのEKI CITY へ。このJM ‘Ambassador’をリペアに出しました。コレ、以前紹介したのとは別のペアで少し前に手に入れました。浅いですがクラックがあって、どうしようかと思ってたんです。お店の見立てでは「軽傷」とのことなので、預けました。さてどうなるか…。<<↓ 応援クリック宜しくお願い致します。>>にほんブログ村...
Read More

ガトウィック空港での免税手続き。 

イギリス国内のVAT(付加価値税)は20%。これは私たち旅行者の場合、EU圏から出るときに空港等で申告すれば還付されます。ヒースローでの還付手続きはわりと解説されてますが、ガトウィックのものはあまり見当たらないので参考までに。まず、購入したお店で、Tax refund,please. と言えば、下のようなレシート状の申請用紙がもらえます。コレには商品詳細や税額などが書いてあるので、名前などの空欄部分を埋めればOK。ちなみに、...
Read More

博多の格安ビジホに3泊。 

イギリス旅行を終え、いちばん感じたことは、日本のビジネスホテルのコスパは素晴らしいと。むこうで主に泊ったホリデイイン・エクスプレスは、結構割高に感じましたが、良く考えればロンドン市内。朝食付きがウリなので、東京の都心部で同じくらいの条件だとやはり1万近くはするでしょう。ただ、日本のビジホが優れているのは、アメニティの豊富さ。歯ブラシ、ヘアブラシ、ひげそり、シャワースポンジは最低あるし、冷蔵庫もたい...
Read More

JOHN LOBB × PAUL SMITH “WESTBOURNE” LEAF GREEN。 

ノーサンプトンツアー戦利品、最後はジョンロブのこちら。WESTBOURNE。ミュージアムカーフのクォーターブローグ。そして、色目は「リーフグリーン」。ちゃんとステッチもグリーンになってますね。https://leathersoul.com/2013/03/25/john-lobb-x-paul-smith-westbourne-lsw/7年ほど前に、ポールスミスとのコラボでリリースされたうちのワンモデル。本来は同色のシューツリーもセットだったようです。https://leathersoul.com/2012...
Read More