FC2ブログ
http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

「出世靴」完成。靴のハシモトのストレートチップ。 

今回の東京弾丸24時間ツアーの主目的はコレでした。羽田の靴のハシモトさん。急かしてしまったようで申し訳ない。。。念願の「出世靴」完成。革はワインハイマーのボックスカーフ。9分仕立てのハンドソーン。シャンクにブナの木。長年、パイロットさんたちの足元を支え続けた羽田空港の手製靴。私は左が右に比べ、1.3cmも長い。今回も、右が9、左が10の木型をベースにいろいろ修正して作ってもらいました。気持ち左に余裕があった...
Read More

S品番のキッドを磨く。Florsheim Kidskin Cap Toe Bluchers (mid-50s)。 

Europeanblend's Archives 第14回。1956年製、品番S-115 (たぶん...)、外羽根キッドスキンのフローシャイム。この年を境にS品番から5ケタ品番へ移行していますので、おそらく創業75周年にあたる57年を機にリニューアルしたものと思われます。靴棚に入れてる「常用25足」のうちの1足。今回も間が空いたので、ケアして磨きました。旧い靴は革質が良いので、靴磨きが上手くなった気になりますね(^^ゞまだまだ鏡面には程遠いですが。...
Read More

TOKYO 24(Twenty-four) DAY2。 だけどぼくは孤独じゃない。 

東京24時間弾丸ツアー。今回のホテルは、前回の代々木オリンピックセンターから大幅グレードアップ (^^ゞハイアットリージェンシー東京。グランドハイアットじゃないんで、やや高級なシティホテルくらいでしょうか。安いプランだったけど、日曜だからか、17階のダブルルームがアサインされました。広すぎて逆に落ち着かない(^^ゞスターフライヤーのホテルパック(ANAと共用?)から予約すると、ほぼ往復の飛行機代でホテルが付く...
Read More

モディファイドの素晴らしさ。 Alden 587 Long Wing Blucher(80s Deadstock)。 

高円寺のウィスラー/チャートさんで購入したオールデンの587。80sの箱付きデッドストック。アルパインカーフ、モディファイドラストのロングウィング。LWBは数々あれど、モディファイドラストというところがたまらないポイント(^^)なんでもチャートさんにオールデンデッドが大量入荷したそうで、2日でほぼ売り切れたそう。開店待ちの人もいたとか。オールデン人気の凄まじさよ。コードバンがあったかどうか聞き忘れましたが、おそ...
Read More

ワインハイマー超え?Connolly Shoe Co Brown PTBs(early 60s)。 

購入時。高円寺で見つけた Connolly のPTB。私の見立てが間違っていなければ60s初頭のモノ。62年かな、と。ケア後。このお店は買い取り系のはずなので、誰かが持ちこんだのでしょう。それなりに乾いていたけど、数回履きのミントコンディション。おそろしくリーズナブルな値段で、思わず目を疑いました(^^ゞConnollyは、S8Sさんあたりでも解説されているし、そんなマイナーブランドでもないと思うのですが。フローシャイムやサービ...
Read More

高円寺での収穫。 

奥のPTBはおそらく60s前半。正確には、62年付近と推定。たぶん、革はBarrett Alpine Calfでは、と。手前のLWBはおそらく80s。箱付きデッド。メーカーは言わずもがな。。。たくさん入ったらしいが、入荷日に良サイズは瞬殺だったと。東京に履いて行ったEEZEE'S RX-2 とのスリーショット。遠くに薄っすらと富士山が。西新宿もずいぶんと変わったな、と。。。このホテルのシャンデリア。1基5000万、3つで1億5千万らしい。。。<<↓ ...
Read More

東京24時間弾丸ツアー。DAY 1。 

3月に行ってきたばかりですが、再び東京へ行ってきました。前回の収穫がイマイチだったので、いわばリベンジ。今回は目的がいくつかあったので、引き分け以上は確定。でも、できれば勝ちたい(^^ゞ日程はかなりタイト。17時頃着いて、その日のうちに千駄ヶ谷、高円寺を周り、翌日は新宿、六本木、そして羽田新整備場をめぐって、18時過ぎの飛行機に乗らなくてはならない。名付けて、TOKYO 24(Twenty-four)。まずは千駄ヶ谷。原宿か...
Read More

Alden 9905Y Whiskey Shell Cordovan PTB (2001s Deadstock) 

8年くらい前でしょうか。オールデンコードバンのレアカラーがマイブームだったときに、購入したウィスキーコードバンのプレーントゥ。バリーラスト。通常品番は9905なのですが、これは末尾に「Y」が入っています。これが何を意味するかは不明。。。当時からレアカラーコードバンは人気でしたけど、今ほど手に入らないモノではなかったと記憶しています。「タンカラー」と言わずに、「ウィスキー」と名付けたところは上手いなあ、と...
Read More

心に響く旧靴名言。「マニアになりすぎずに...」 

靴専門雑誌「LAST」。そのVol.6 に「アメリカビンテージシューズ」が特集されて早4年。この少し前あたりから旧いアメリカ靴に注目する人が増えてた気がしますが、メディアに取り上げられたことにより、より認知度が高まったと思います。それまでドレスシューズと言えば英国靴が中心。レッドウィングなどのワークブーツ系は90年代から人気だったものの、いわゆる短靴はオールデンくらい。旧いアメリカドレスシューズは、例の「四天...
Read More

即デビュー。Portage Venitian Loafer (60s Deadstock) 

Portage (Weyenberg)のヴァンプローファー。1964年製のデッドストック。「春のデッドストックローファー大収穫祭」で、唯一自分用に購入したモノ。なかなかの乾燥っぷりで、特に履き口周りが固くなっていたので、このまま履くのは自殺行為(^^ゞグリセリン液が切れてたので、100均の化粧水や保湿クリームで代用、レダーオイルを入れました。見た目、顔料仕上げっぽい革ですが、意外とグイングイン吸収。2日かかりでようやく履けるレ...
Read More

バーバリアンのラグビーシャツと危険な誘惑。 

GW。シューティーさんに行く前に、ここにも寄りました。www.boq.jp/special/2008/frame/index.htmFRAMEさん。ホワイトハウスコックスやクロケット&ジョーンズの日本総代理店であるグリフィン・インターナショナルの唯一の直営店。BARBARIANのラガーシャツを新調しようと。ここはバーバリアンの総代理店でもある。初めてバーバリアンに出会ったのは20年前。確か、佐賀の小さなセレクトショップで買った気がします。ここのはカナダ...
Read More

GW最終日のスニーカー選び。 

皆さまはGWいかがお過ごしだったでしょうか?私は自宅をしっかり警備しておりました(^^ゞで、結局どこにも行かなかったでは寂し過ぎるので、最終日にスニーカーを買いにShoetyさんへ。Shoetyさんはデッドストック四天王の一角でもあると同時に、海外限定スニーカー専門ショップでもあります。地元のTV局などのメディアでもたびたび取材されてる^_^で、私が購入候補としてピックした5足がコレ。ブラック →NIKE AIR MAX PLUS BR bla...
Read More

50年代と90年代のオールデンデッドストック。 

ベルルッティK氏が購入された50sオールデンのデッドストック。私が持っている99年製デッドストック。(この撮影の後、ベルルッティK氏が是非ということで、お譲りしました。。。)ともにキッドスキンのキャップトゥで、同品番のモディファイドラスト。いずれもShoetyさんにて購入したもの。職場の「カメラ部」部長S氏に頼んで、ナイコンのお高い一眼カメラで撮ってもらいました。いいオッサン3人が仕事場で何やってんだか(^^ゞAlde...
Read More

おかわり。春のデッドストックローファー大収穫祭。 

ダイナマイトK氏の追加発注。さすが「通」でいらっしゃる。だって、この時代のデッドですもんね。ライバル不在でなにより。。。(^^ゞ“Crosby Square” Vamp Loafer 60s“Pedwin” U-tip 60sこれはついでに自分用。“Portage” Vamp Loafer 60s前回のも含めてケア中ですが、見た目に反して意外とグリセリン水、オイル吸い込みます。60sはアイビーローファーの時代。https://www.imn.jp/post/108057196812?page=2<<↓ 応援クリック宜し...
Read More

「満点」のキャップトゥ。Portage Porto-Ped Punched Cap Toe。 

Europeanblend's Archives 第13回。Weyenberg のディヴィジョン・ブランド、Portage Porto-Ped の Punched Cap Toe。前回の記録→2014年12月13日の記事。玄関のシューラックに入れてる「常用25足」のうちの一足。とは言え、しばらく履いてなかったので、保湿、オイル入れなどフルケアしました。私の年代判定が間違っていなければ、1951年製。ホワイトステッチ、7アイレット、タンカラー、そして伏せ縫い。状態も良く、私が実際に着...
Read More