http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

君は何をカンガルー? 

まあ、見つけちゃったらしょうがない。メーカー名は入ってないけど、これは間違いなく Carter's。内部表記は写ってなかったけど、たぶん型番558 か938あたり。だとすれば“Big Boss Combination Last”。年代的には、おそらく50s。40sはゴムヒールが違うから。それにしても、10年で7足しか見つけられなかったCarter's のデッドが、今年だけで早3足。Carter'sの「当たり年」ですね。今までも、私が見逃してるだけかもしれませんが。ち...
Read More

アメリカ靴の最高峰。。。 

程度とサイズが微妙なので少々迷ったのですが。。。見てた方もいらっしゃったのでは。内部ウォール表記が読めませんでしたが、70s近辺と予想しています。HAND MADE ライン。当時のアメリカ靴の最高峰。手持ちの中では、 Brooks English のPEALラインが最高に素晴らしいと思っておりまして、個人的に「最高のアメリカ靴」の称号を与えておりますが、まあ厳密に言えば、あれはアメリカ企画の英国靴。純粋な「アメリカ製」という意味...
Read More

アメリカ旧靴を歩く <3> 

ずいぶん間が空きましたが(^^ゞ第3回目のテーマは「ビンテージ靴プチブームを考える」です。<アメリカ旧靴プチブーム??>これは文字通り、プチブームというか、旧い靴に目を向ける人が多くなったのは間違いないと思います。自分が好きなモノに共感してもらえる人が増えた、というのは大変喜ばしい(^^)売れないバンドをずっと応援してた古参ファンのような気持ち、と申しましょうか。で、そのブームの中心は、フローシャイムでし...
Read More

ENDWELL (Endicott Johnson) Brown and White Oxford (50s DEADSTOCK) 

今回の関西ツアーで捕獲したデッド靴第1弾。ENDWELL のツートーンシューズ。箱付きデッドストックで、50sのモノと思われます。www.frankchetko.kwikfold.com/ENDWELL はご存知、エンディコット・ジョンソンのラインのひとつ。GUIDE STEP ですね。JOHNSONIAN なんかにもよく採用されています。レンガソール。少し薄い色。E-J社は大衆靴ど真ん中のメーカーなので、作りはそれなり。www.frankchetko.kwikfold.com/正直、フローシャイ...
Read More

STACY ADAMS Balmoral Short Wings (60s) 

帰国しております (゜レ゜)結論から言うと、収穫は4足。フツーの古着屋さんに、30sのデッドが1万円、なんて劇的な出会いはなかったものの、なかなか良いモノを手に入れることができました。うち3足は箱付きデッドなんですが、1足ユーズドも。本日はそれを。ステイシーの7アイレット・ショートウィング。大阪の古着屋さんで発見。一目見て「!!!」となりました。この病的に細かい出し縫いのホワイトステッチに、絶品と言って良い...
Read More

途中経過…。 

昨日京都、本日は大阪に移動しました。京都では収穫なし。ただし、マイサイズではないものの、スゴイ靴は幾つか発見しました。ブログやSNSをやってなかったり、靴は通販対象外だったりする店があるので、やはり実店舗巡りは欠かせないですね。大阪では、本日かなりの収穫がありました。その内の1足がこれ。メーカーはみなさんご存知かと。おそらく50s。流石は大都会・大阪。明日も半日あるので、さらに掘り進めます汗<<↓ 応援ク...
Read More

キター\(◎o◎)/! 

ヤバすぎる。。。少なくとも戦前のモノであるのは間違いないかと。たぶん30s。誰もが知ってるブランドですが、旧いオリジナルほとんど見ないですね。<<↓ 応援クリック宜しくお願い致します。>>にほんブログ村...
Read More

SEIKO Seikomatic Weekdater (60s) 

なんか毎月買ってる気がする。。。近所の質屋がいけないんです(^^ゞここは時計の宝庫。ウン百万の高級時計を始め、アンティーク時計もそこそこある。国産の「ちょっと旧い」昭和の時計も、ヤフオク並みかそれ以下で売ってます。一応、学習しているので(←ホントか? 笑)なるべく近づかないようにしているのですが、売れないモノは容赦なく値下げされるので、無視するワケにもいかず。。。ということで、本日購入したのがこちら。...
Read More

Roblee White Bucks (50s deadstock) 

ここまで古くはないですが。。。1939ADロブリーのホワイトバックス。レッドブリックソール(レンガソール)の定番スタイル。ルーツがどこにあるのか正確には分かりませんが、おそらくかなり源流に近いかと。なんとなれば、、、このロゴの時代ですから。この時代くらいまでは、こういう大衆靴にも本物のバックスキン(鹿革)が用いられていました。タグが付いてました。誇らしげな‘Genuine Buckskin’の文字。そろそろ希少になりつつ...
Read More

そうだ、京都へ行こう <2> 

京都へ行くのは25年振りくらい。前回は、金閣寺と銀閣寺に行って、金閣寺を出て迷子になり、たしか立命館大学のキャンパスをぶらついた記憶があります。実は、道に迷うのはキライじゃない。思いがけない場所に行けたりするので。道に迷いながら進むのも、また人生、と(^^ゞ長年行きたかったのが、この店。http://www.ichizawa.co.jp/一澤信三郎帆布。通信販売もしているけれど、基本的に京都の1店舗のみで販売。いちばん上の丸いの...
Read More

Alden Kidskin Mocc Toe Blucher (RX-7) 

オールデンのモックトゥ・オクスフォード。ニューヨークのEEZEE'Sという老舗ショップ別注。78年製と推定。モディファイドラスト。モディファイド+キッドスキンは整形靴メーカーとしてのオールデンを最もよく表わしているのではないかと。キッドスキンの質感は50sのFSPなどには及ばない印象。でもまずまず。40s50sの比較対象がなければ十分これで満足だったと思いますが、良いモノを一度でも手に入れると、どうしても採点が辛くな...
Read More