http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

60s Bostonian Deadstock 

60s BOSTONIAN のデッドを安く拾いました。。。$80即決。旧靴ブームなのは確かなようですが、フローシャイムに人気が集中しているみたいで、他メーカーは無風?なかなか良さげ。GSPなので、2週間かかりますが。。。これですね。ホントにGSPって大丈夫なのでしょうか?なんかすり抜けてるだけのような気がしますが。。。<<↓ 応援クリック宜しくお願い致します。>>にほんブログ村...
Read More

Tricker's Country Brogue Boots (M2508) 

トリッカーズのブローグブーツ、M2508。言わずと知れた定番ですね。これは8年前に購入したモノ。職場にバイトの大学生の女の子がいて、「トリッカーズのブーツが欲しいんです」と相談されてたんですが、ある日、「買っちゃいました」と。たしか、Acornだったかな、それがとてもカッコよくて。女子の服装だと、ブーツが全部露出することが多いので、なおさら素敵に見えて。それに触発されて、私も購入。本当は Acornが良かったけど...
Read More

Alden Patent Leather Plain Toe (#885) 

オールデンのパテント・プレーントゥ。おそらく86年製。品番885で、ペンシルバニア州スクラントンの“Youth-O-Pedic Shoes”という、整形靴店と思われるショップのネームが入っています。調べたところ、1930年代頃から存在したお店のようで、94年に登録が切れているので、その辺まではあった模様。ちなみに登録の住所はこのビル。この手の礼装用の靴は昔のアメリカ靴のカタログにも見られますし、現在でも多くのメーカーが作ってます...
Read More

こんな夢を見た 

昭和な感じの商店街を歩いている。ふと見ると、角にレトロな感じの靴屋さんがある。「山本靴店」の看板。なぜか八百屋のように靴が並べて売られている。「今でもこういう靴屋さんあるんだな」と妙に感心してると、隅の方に、何とフローシャイムインペリアルの箱がいくつかある。そのうちの2足は靴が横に置いてあって、見ると手書きの初期インペリアル。値段は書いてない。売り物かどうかも分からない。たぶん、非売品だろうな、で...
Read More

なごみ価格。。。 

こんなのを見つけました。普通ショップは年代を古めに判定しがちですが、これは珍しく逆パターン。明らかに50s。こういうのは大歓迎ですね(^^ゞ<<↓ 応援クリック宜しくお願い致します。>>にほんブログ村...
Read More

ニトリの「積み重ねシューズラック」 

靴収納に関して、いろいろ企てをめぐらせているのですが、靴が玄関にあふれてる現状を緊急に何とかすべく、とりあえず安くて、数多く収納できるシューズラックを買いました。(出典 ニトリ)ニトリの「積み重ねシューズラック」(パレット)。お値段税込3990円。プラスティック(ポリプロピレン)製の安いモノですが、30足収納可能。その名の通りパレット方式で重ねられるようになっていて、6段×4段というように分割して使用もで...
Read More

Weyenberg #368 (60s) 

ウェインバーグのUチップ、368。 → 前回の記録少なくとも30年間以上は作られ続けた、同社を代表する定番モデル。これらはいずれも60s前半のデッドストック。普段はこれよりもう少し後の年代のモノを普段履きにしています。派手さはないものの、革質もつくりも素晴らしく、デザイン的にも完成されているように思います。MASSAGICラインゆえ、アーチパッド入り。後年になると、この部分ペイントになりますが、この時代はきちんと縫...
Read More

Weyenberg Mocc Toe Blucher #296 

ウェインバーグのモックトゥ・オクスフォード。デッドストックで、1970年製。MASSAGICライン。後年になると STACY ADAMSブランドを傘下に収めるので、同ブランドにも搭載されるようになります。このロゴになると食指が伸びない方も多いかと思いますが、ハウス型ユニオンメイド表記が入る70s初頭までは十分なクオリティを維持しているように思います。アウトソールもきちんとハンドラブド仕様。モカ縫いの立体感はさすがに「ステッ...
Read More

EDWIN CLAPP Kidskin Punched Cap Toe 

EDWIN CLAPP のPunched Cap Toe。素材はキッドスキン。トゥは別素材の可能性も。年代的には60sのモノと推定しています。根拠はこれ。1961年のEbony誌アド。中の品番がいちばん上の靴と一致。EDWIN CLAPP の歴史等については5年ほど前に記事にしました。→ 5年前の記事奇しくもこの記事の中で同じアドを引用しておりますね(^^ゞ高級靴メーカーとして知られ、この1950年のアドによれば$19.85~。フローシャイムが同年のアドで $15.95...
Read More

999.9(フォーナインズ)の眼鏡 

2008年6月 に泰八郎謹製の眼鏡を作って以来、ずっと愛用していたのですが、先日、左の鼻当ての部分がモゲていることに気付きました。セルロイドフレームの一体型なので、修理は難しいだろう、ということで新調することに。8年弱使えたので、まあ良しとしましょう。次買うならここと決めてました。999.9(フォーナインズ)。逆rヒンジで有名な純国産メガネフレームブランド。福岡にもいくつか取扱店がありますが、せっかくなので...
Read More

SEIKO Sportsmatic 5 Deluxe (60s) 

いかん、完全にハマったかも(^^ゞ昭和50年製のSEIKOロードマティック →購入記事 、オーバーホール記事を購入後、昭和の国産時計が気になり始め、近所の質屋やリサイクルショップをチェックするように(^^ゞ上記のOHを依頼した時計屋さんをはじめ、リーズナブルな料金でやってくれるところを近所にいくつか見つけたことも拍車をかけてます。で、昨日ふと立ち寄ったリサイクルショップで、いきなり目に飛び込んできたのがこれ。SEIK...
Read More

Europeanblend’s Archives / City Club Cap Toe (50s) 

Europeanblend’s Archives 第6回。City Club のキャップトゥ。2009年の10月に登場 → 前回の記録この時の記事によれば、モデル名は“HADLEY”。何を根拠に割り出したのか、今は不明(^^ゞこの記事では、60sとしてますが、ロゴからおそらく50s。当時は古めに判定して間違えるといけないので、思った年代より新し目に書いてました。City Club はご存知 International Shoe Co のディヴィジョンブランド。これはいずれも1946年のライフ...
Read More

50s Balmoral French Toe 

50s頃と思われるキャップトゥ。もしかすると、もう少し旧いかもしれません。メーカー名は擦れて読めないのですが、たいへん美しいシェイプをしています。キャップ部の折り返しが2重に見え、フローシャイムのダブルターンに類似。ミッドセンチュリーを感じる部分です。Florsheim The Rambler よりも大ぶりなフレンチトゥながら、全体のフォルムとマッチしているように思います。革質も肉厚ですばらしく、この時期のモノとしては満点...
Read More

お得だったかも。。。 

意外と入札なかったですね。。。5足まとめ売り。いずれも50sあたりかと。状態はアレですけど、5足で99ドルは安かったですね。目玉その1。フレンチシュライナーのスペクテイター。これだけでも99ドル出す人はいるかと。メーカー不明ですけど、このショートウィングもクオリティ高そう。今すぐグリセリンで潤してあげたい。。。(^^ゞ目玉その2。あのCurtis ですよ。ただでさえあまり見ないメーカーなのに、スペクテイターって。。。...
Read More

アメリカ旧靴 復刻プロジェクト その4 ~完成 

Uウィング復刻を目論んで、昨年地元の靴工房に依頼。元ネタは、50sのフローシャイムUウィング。依頼先は、博多の町中にある「Pancia」さん。なおけんたさんのブログでもおなじみ。もともと靴やバッグ関係の部材卸をしている会社なのでたいへん良心的なお値段でオーダーシューズを作ってくれます。50sのフローシャイムUウィングを2足預け、製作を依頼。アッパーの4連ステッチと出し縫い(ホワイトステッチ)の細かさをなるべく再現...
Read More