http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

Crosby Square Punched CapToe 

Crosby Square のPunched Cap Toe。数回履きのミントコンディション。ロゴデザインや作りから、60s頃のモノと推定しています。7アイレットの内羽根キャップトゥで、クラシカルなルックス。上級ラインの‘AIR FILM’のもので、靴全体にエアクッションが敷き詰められています。キャッチコピーは‘WALK ON AIR’。エアクッションと言っても、要は段ボールの空洞みたいなもので今から見ればたいしことはないのでしょうが、少なくとも1940年...
Read More

Florsheim The Varsity 71年と72年の比較 

小ネタなんですが。。。以前、『“Varsity”は70s初頭あたりに“Kenmoor”へ名跡変更されています。その際、メダリオンのパターンがConcord型になりました(tomojin329さん情報)』と書きまして、この変更時期は71年か72年であろう、と推測しましたが、その後、71年の同品番(20686)を手に入れたところ、これが“Varsity”でした。72年の20686は“Kenmoor”なので、この辺が境目になると思われます。(左 71年“Varsity”  右72年“Kenmoor”...
Read More

AGREED・・・ 

不思議かな 深夜の物欲 ベストオファー (字余り w)もはやあんまり珍しくもなくなりましたが。。。$89 → $50こっちは前から回転寿司状態だったモノ。$49.95 → $30こうあっさり AGREED されるともっとイケたかな、なんて(^^ゞHulu で「アメリカお宝鑑定団ポーンスターズ」というラスベガスの質屋さんの鑑定番組を見てるのですが、価格交渉が面白いんです。「ネットでこれと同じモノが1500ドルだった。だからそれくらいで。...
Read More

British Walkers Black Shell Cordovan Long Wing Tip 

昨日のこれ。メーカーはここ。このマークでおなじみの、British Walkers。Trademarkを調べたところ、1945年にシカゴの J.P. Smith社によって登録されている様子。1940年に初出とあります。旧靴好きのみなさんであれば、一度は目にしたことがあるマークかと思いますが、きっとスルーされることが多いかと。70s80sくらいの、ダメダメな時期のモノがほとんどだからです。ただ、これは外側Vクリートで、アウトソールに3本釘、内部表記...
Read More

Black Shell Cordovan 

このメーカーのは初めてかもしれません。外側Vクリート。革は、まあまあくらいでしょうか。。。詳細はまた。。。<<↓ 応援クリック宜しくお願い致します。>>にほんブログ村...
Read More

Florsheim The Viking (60s) 

フローシャイムの外羽根ショートウィング“The VIKING”。レギュラーラインで、66年製と推定。1966年9月の、この広告にある、、、これだと思います。値段から見ても、準インペリアルくらいの位置付けだったのでしょう。The Viking といえば、基本冬用靴で Thick Sole が特徴なのですが、これは手持ちの中でいちばん分厚い。BOYD'Sをも凌駕しました。深いシボ革。なかなか趣があります。黒クリームでケアされていたようで、落とすの...
Read More

EDWARD GREEN CHELSEA Chestnut Antique (202) 

エドワードグリーンのチェルシー。202ラスト。 色目はチェスナット。つま先とカカトにアンティーク仕上げが施されています。これは以前、地元のデパートで購入したもの。この靴を買うために、友の会に入って毎月1万円ずつ積み立てました。今思えば、直接メールして個人輸入すれば安く買えたのでしょうが、当時は堅実派だったのと、毎月積み立てるたびに少しずつ憧れの靴に近付く感じがあって、それはそれで楽しかったことを覚えて...
Read More

Alden Burnished Tan × White Spectators #97650 

オールデンのブラウン×ホワイトのスペクテイター。品番97650、バリーラストで、近年のデッドストック。数年前にシューティーさんで購入したモノ。ホワイト部分は起毛ではなくスムースレザー。このモデル、以前アローズの別注であったようですね。イマイチこれを履く状況がつかめないんですが(^^ゞ要はサドルシューズのように使えば良いのかな。バリーのどっしり感はいかにもアメリカ靴、という風情。オールデンは旧靴ファンからす...
Read More

SEIKO LORD MATIC のオーバーホール 

昨年末に買った昭和50年製のセイコー・ロードマティック。いちばん近い時計職人さんを調べて、持って行きました。ごくごく普通の、昔ながらの街の時計屋さん。「こういう時計なんですが。。。」と見せると、「長く使ってなかったみたいですね、掃除しますか?」と。オーバーホールではなく、掃除とおっしゃるところに奥ゆかしさを感じました。3日後、「できました」ということで引き取り。購入時、少しだけ風防に傷が付いていたの...
Read More

Florsheim Venetian Loafer ‘The ROYCE’(early 60s) 

フローシャイムのエラスティック型ヴァンプローファー。1960年?にリリースされた“Magic Top”というニューカテゴリーのワンモデル。品番84003。‘The ROYCE’というシリーズのモノで、この見慣れぬ84品番は、“Black Gold”というカラーに振られたものらしい。画像で見た時は“Black Jade”だと思いましたが、届いてみると確かに違う。端的に言えば「焦げ茶」なのですが、そこに緑も入っているような不思議な色合い。光の当たり方によっ...
Read More

Florsheim Imperial Kenmoor Split Toe Blucher 

Imperial Kenmoorシリーズ、「第3のモデル」Uチップ。品番93619、69年製と推定。Aウィズなので、「U」部分のカーブが若干急に見えます。モカ縫いの立体感と、60sのシボ革のしなやかさは格別ですね。同コードバンモデルと。たぶん、70sあたりには「流行遅れ」になったのでしょうが、今見るとなかなか新鮮に感じます。同モデルの黒は確認してますが、レアカラーもあったんですかね?Golden Harvestが出てたのなら、是非欲しいです^_...
Read More

French Shriner Full Brogues (60s Deadstock) 

フレンチシュライナーの内羽根フルブローグ。N.O.S. w/box で、60s頃のモノと推定しています。純正の包装紙に包まれていたため、革の状態が良く、まるで最近作られたモノであるかのよう。素材は深いシボ革。光沢があって、見た目より柔らかく上質であると思います。やはり革が良いと立体的に見えますね。この焦げ茶の色合いも、この時代らしいかと。中に“FULLWOOD”とあります。おそらくラスト名では。幅広ラストに見えます。アウト...
Read More

いやいやいや。。。(^^ゞ 

ひさびさに First Class Package 使ってみたら、何かお散歩している(^^ゞ(下→上です)February 6, 2016 , 11:47 pm Departed USPS Facility LOS ANGELES, CA 90009 February 6, 2016 , 8:48 am Arrived at USPS Facility LOS ANGELES, CA 90009 February 5, 2016 , 4:36 am Departed USPS Facility AURORA, CO 80011 February 5, 2016 , 1:35 am Arrived at USPS Facility AURORA, CO 80011 February 3, 2016 , 1:04 am ...
Read More

New Balance M998 “Suit Collection” Gray (M998 STSG) 

再発見シリーズ第4弾(^^ゞNew Balance M998 “Suit Collection” Gray。確か、2008年頃にリリースされたものだったかと。SuperTeam33 による第6弾で、モデル名の通り、スーツ、シャツ、ネクタイ、カフスを落としこんだデザイン。この“SuperTeam33”によるリミテッドコレクションには、“Luggage Collection”とか“Pub Puck” など、ユニークなシリーズがありました。レジメンタルタイ?に見立てた替えシューレースも付属。芸が細かい。個...
Read More

Worthmore Genuine Nylon Spectators (50s) 

Worthmore のスペクテイター・シューズ。54年製と推定しています。ワースモアなので、あまり期待していなかったのですが、これは意外にヒットかもしれない(・o・)まず、全体がベージュのトーンで統一されています。シューレースまで薄茶。なかなかお洒落。そして、当時のウリであったアッパーのナイロン。格子状に編み込まれていて、光沢感があります。レザー部分も、ヌメ革のような色あいの薄いシボ革でしっとりしていて、かなり...
Read More

Crockett & Jones ONSLOW 

再発見シリーズ第3弾(^^ゞクロケット&ジョーンズのオンスロウ。定番モデルですね。これもかなり前に購入したモノ。カントリーラインのものですが、米国靴のUチップと比べると非常に上品に見えます。これ、8.5Eで、サイズピッタリ。ただ、クラシックなカタチで、悪く言えば寸詰まりなので、何となく履いた時に小さく見えちゃうんですよね。私の身長は181cm。全体とのバランスが合わないというか、足もとだけ異様に小さく見える(^^...
Read More

フローシャイムの年代判定 

日本ではほぼ解明されておりますが、あちらの愛好家(?)の方が詳細なページを公開されております。いくつかの点では、まだ私たちの方がアドバンテージがあるようですが、大体において私たちの認識と一致しますし、中には新しい情報も。例えば、5ケタ品番の3番目が内羽根、外羽根などのスタイルナンバーを示唆する、というのは初耳でした。○F-×××、○S-×××や、印字個人名はカスタムオーダーであろうという見解には、数が多すぎる...
Read More