http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

Johnston&Murphy Full Brogue (Presidents Collection) 

Johnston&Murphy のフルブローグ。デッドストックで、1983年製と推定しています。当時展開されていた“Presidents Collection”シリーズのワンモデル。ここにコメントくださる方々の多くはスルーされる靴かとおもいます(笑)私もユーズドなら手を出さなかったのですが、デッドで安かったので(^^;黒歴史シリーズで紹介しようかとも思ったんですが、ダメなのは分かってて買いましたから。今から見ればカッチョ悪い70s80sのスクエア...
Read More

Dr. Locke Four-eyelet Overlay plugged (w/No.23) 

Dr. Locke のオーバーレイプラッグ。60s頃のデッドストック。インソールにはNo.23 と記載されています。じつはこれ、私の中で履き心地ランキング暫定1位の靴。(室内の試し履きのみなので、一応暫定ということで)サイズが合ってることも大きいのですが、中のハーフインソールがカカトからアーチ部分にかけて絶妙なフィット感をもたらしています。特に足裏に張り付く感じは特筆もの。恐るべし、Dr. Locke。たぶん、この靴自体は内...
Read More

Allen Edmonds The Burberry (50s) 

Allen Edmonds は言わずと知れたアメリカ靴の雄。日本では Alden人気の裏に隠れがちですが、アメリカでの知名度はおそらく Allenの方が上。最近ではFSPを「オールデンと双璧」なんて呼ぶ向きもありますが、個人的にはやはり今のアメリカ靴界においてオールデンと比肩されるメーカーはアレンかと。で、旧いアメリカ靴は今より良かった、という金科玉条に則れば、旧いアレンを探したくなります。これは最近見つけた割と旧いアレン。...
Read More

Foot-So-Port Five-Eyelet Ventilated Shoes 

Foot-So-Port の穴あきサマーシューズ。品番S-140。57年5月製のデッドストック。FSP ではこれを“Leath-R-Mesh”と名付けていたようです。おそらくレザーメッシュをもじったものかと。この載せ仕様のUチップに、大小のパンチングが独特の雰囲気を出しています。革質もさることながら、細部にわたって丁寧な仕事がなされているように思います。半カラス仕様。境目のところにも細かい意匠が入っています。ヒールはSupremeのイボ付き。...
Read More

Banister Spectator Shoes 

Banister のスペクテイターシューズ。けっこう旧い時代のもので、バックスキンの質感が素晴らしいです。手書きのインナー表記。Aウィズなのでカスタムオーダーでしょうか。ヒドンチャネルに釘打ち仕様のヒール。Banister Shoes は正式には James A Banister Companyといい、1845年、ニュージャージー州ニューアークにて創業。特に19世紀の後半〜20世紀初頭にかけては全米中に販売網を広げ、有力なメーカーになったようです。(VIEN...
Read More

Crisanti's Shoes Semi Brogue 50s (by Alden) 

ニュージャージー州クランフォードの Crisanti Shoes という矯正靴店のセミブローグ。デッドストックで、50年代後半のものと思われます。お好きな方は、一目でオールデン製とお分かりになるかと。品番576 のオールドナンバー、Arch Cushion ヒール、グリーンのインナーファブリック、そしてこのモディファイドラスト。63年に完成した(と言われる)現在のモディファイドよりも、やや内側が鋭角にえぐれております。名付けてアーリ...
Read More

2012年全日本女子ボウリング選手権再優勝決定戦 

2012年の全日本女子ボウリング選手権優勝決定戦。姫路麗プロはこのゲームでパーフェクトを出して優勝すれば、優勝賞金200万にTVパーフェクト賞100万が加算されて逆転の賞金王になる、という痺れる状況。そして、最後はブルックリンながら、見事パーフェクト達成!女子プロボウラーのTV決勝生中継でのパーフェクト達成は、あの1970年8月21日の中山律子プロ以来、実に42年ぶりの快挙でした。中山プロの時は日本中の話題になり、「さ...
Read More

Europeanblend’s Archives / Sheboygan Work Shoes 

Europeanblend's Archives 第2回。Sheboygan のワークシューズ。2007年10月に紹介したもの。もう7年も前ですか、そうですか(´Д` ) ハウ・タイム・フライズ。これ、確か5000円だったんです。50sの箱付きデッドで。いくらマイナーメーカーのものとはいえ、今じゃ考えられません (>_...
Read More

Shetland Fox Blind Brogue (Pattern Order) 

3,4年くらい前、シェトランドフォックスのパターンオーダー会で作ったブラインドブローグ。まあ、パターンオーダーですから、革と意匠をチョチョイと変えただけですが。ベースはケンジントン(Kensington) ポインテッド気味のラウンドトゥで、前半部分がグッドイヤー、土踏まず部分がマッケイ。薄く作れるマッケイの恩恵もあって、アーチ部分のエグレ具合がスゴイ。ただ見た目よりも、つま先に余裕があるので履きやすいです。一応凝...
Read More

IN THE NAVY / Village People 

...
Read More

Florsheim Calf x Nylon Mesh Ventilateds (S-1269) 

Florsheim のナイロンメッシュシューズ。品番S-1269。 early50s のものと思われます。The Kenmoor シリーズのワンモデル。このフロント部分のU字ウィングスタイルの靴は各社から出ていましたが、フローシャイムではこれを “U-wing Tip”と呼んでいたようです。この靴のアド。 1952年。この配色・素材は Tan Calf と Wheat Nylon Mesh となっています。ナイロンの発明は1935年。ストッキングに使われたのが40年。まだ実用化から10...
Read More

Europeanblend’s Archives / Red Wing 104  

Europeanblend’s Archives 第1回。自分の昔の記事を読み返して、ときどき恥ずかしくなることがあります。間違いや認識不足に気づくことが多々あり。。。一応人間というのは成長していくものなんですね(^_^)ということで、このシリーズでは、そういった部分を訂正したり経年変化レポしたりしていきたいな、と。 大部分がデッドのままですけど(^^;で、最初はRed Wing 104です。84年製、デッドストックで購入したもの。実はこの靴、...
Read More