http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

R.J.のラフアウト・ウェスタンブーツ 

「アメリカ製ブーツ祭り シーズン4」 第2回。R.J. というブランドのウェスタンブーツ。おそらく80s後半~90s初頭あたりのもの。以前、ベージュのラフアウトレザーのブーツを探しているときに偶然見つけて、デッドストックで購入。“EL PASO,TEXAS” の文字だけのシンプルなタグ。大きな地図で見るこれを頼りに調べたところ、おそらくエルパソのALAMEDA Ave.というところにある RJ BOOTS というところのものではないかと。ここは一...
Read More

Bondshire のウェリントンブーツ 

アメリカ製ブーツ祭り シーズン4。今シーズンの第1回目はこれ。Bondshire のプルオンブーツ。デッドストックで、1960年代のものと推定しています。アメリカでこういうタイプのブーツは、ローパーとか、RWではペコスなどと呼ばれ、主に農場等での作業用として普及してきましたが、このブーツに関しては、おそらく日常用に作られたものと推察しています。Bondshire はウィスコンシンの Weinbrenner社が持っていたライン。1892年...
Read More

Edgerton のコンビ・フルブローグ 

Edgerton のコンビフルブローグ。詳しい年代は不明ですが、50年代位までのものかと。Edgerton はNunn Bush 傘下のブランド。古い広告を見ると、本家 Nunn Bush より安い価格設定だったようで、今で言うディフュージョンラインの位置付けだったと思われます。1934年にウィスコンシン州のエドガートンに工場が設立されたことを祝う記事。1988年に閉鎖されるまで稼働していたようです。世界恐慌(1929年)の痛手からアメリカが立ち直...
Read More

Pli-matic by Nunn Bush のプレーントゥ 

Pli-matic のプレーントゥ。1960年代前半、おそらく61年のものと推定しています。Pli-matic はNunn Bush(1912年創業)のディヴィジョン・ブランド。このPli-maticとは主にソールとインソールに関する新機能だったようで、「柔らかく、弾力性に富むインソールとソールの特殊処理によって、今までにない重さの軽減を実現」とあります。かなり本格的な作りで、分厚いダブルソールに 全周ストームウェルト、V-cleat仕様。ボートに乗っ...
Read More

Stay hungry. Stay foolish. 

たしか高校生の頃、テレビでmacintoshが紹介されているのを見て、衝撃を受けました。当時まだ日本ではマイコンと呼ばれ、使うには複雑なコマンド操作が要求された頃。そんな時代に、小学生でも使えるコンピュータが出来た、というのは驚きでした。その番組では、子供たちが「マウス」というディバイズを使って、画面上に自由に絵を描いていました。21世紀はこんな道具を使いこなすのかもしれない、と漠然と思ったことを覚えていま...
Read More

Weyenberg の#1134 

Weyenberg の... これは何と表現したらいいのか分かりませんが、とりあえず、変型オーバーレイプラグド・シューズ、とでも。デッドストックで、1960年製。これはMassagicラインではなく、Olympicラインのもの。このラインは若い人向けだったようで、アグレッシブなデザインものを多く目にします。フロントシーム部分が途中までしかなく、左右非対称の個性的な意匠。見る角度によって、プレーントゥとUチップのどちらにも見えます...
Read More