http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

Wight の ストレートチップ 

引き続き Wright Arch Preserver(W.A.P)の靴。これは品番186A と記載された、スコッチグレインレザーのストレートチップ。これにも DREXEL という文字が入っています。フローシャイムのKenmoor と同じように、シリーズ名なのかもしれません。ストレートチップと表現しましたが、サイドに切り返しが入った、40年代のアメリカ靴を彷彿とさせるデザイン。70年代における40年代の復刻なのかな、と思いましたが、40年代~60年代の同社...
Read More

Wright のバルモラル・プレーントゥ 

昔のアメリカ靴の中で、特に履き心地が良いと思うのが、 Wright というブランドの靴。正式には Wright Arch Preserver shoes。“Arch Preserver”の名が示す通り、ソールのやや前方にバンプ(瘤のような盛り上がった部分)があって、ボールジョイントの中央部分にピッタリ合うように設計されています。履いた時の気持ち良さに関しては、私の中ではモディファイドラストと双壁をなします。数年前、とある筋から「ライトの旧いデッドが...
Read More

BAMBO のオールドシューズ 

BAMBO というオールドブランドのカジュアルシューズ。デッドストックで、60年代くらいのものと推定。2アイレットのプレーントゥ・ダービーで、ダブルコバ仕様。革質や造りはホメられたものではありませんが、当時の雰囲気はよく伝わります。この BAMBO というブランドはジョージア州ウェイクロスにあったPierce Shoe Manufacturing Company というメーカーのもの。1945年創業の同社は、50~60年代にこのBAMBOというブランド名で...
Read More

LINCOLN のキャップトゥ 

Lincoln というブランド名がある Punched Cap Toe。デッドストックで、50sのものと推定。たぶん58年製。この辺の年代のブラウンカラーのキャップトゥは大好物です。つくり的には正直、大したことはありません。革はまずまずなものの、50sの Florsheim と比べると明らかに見劣りしますし(これは当時のFlorsheimが素晴らし過ぎるとも言えますが)ステッチは細かいものの、ゴムヒールも直付けで、全体的にはややチープな印象は拭えま...
Read More

RAND のキャップトゥ 

RAND Shoe Co の Punched Cap Toe。CORNELL という、モデル名かラスト名らしき文字が刻印されています。RAND はもともとRoberts,Johnson & Rand Shoe Co といい、1898年にミズーリ州セントルイスにて創業。1911年に Peters Shoe Co を合併し、International Shoe Coに改組。1953年には Florsheim を傘下に収めるなど、全米一のシューメーカーでした。この靴の年代について、最初は50年代あたりかなと思っていましたが、古い資料...
Read More