http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

Red Wing のBECK MAN #9016 

アメリカ製ブーツ祭り サードシーズン第14回。今回は現行品。レッドウィングのBeckman。このシリーズ、モックトゥやチャッカなども出ているようですが、私が選んだのは#9016。ラウンドトゥのCigar カラーのもの。色はBlack Cherryと結構悩みましたが、合わせやすさを考えて。旧いブーツが好きなので、こういうクラシックな形には惹かれるものがあります。この手の6インチハイトのブーツはビンテージ市場でもなかなか人気があって...
Read More

Sheboygan の6inブーツ 

アメリカ製ブーツ祭り サードシーズン第13回。そろそろ飽きてきました(^ ^;今回はこれです。Sheboygan の6インチブーツ。デッドストックで、50年代までのものと推定。シェボイガンはマイナーメーカーの中ではわりと有名な部類。いわゆる「B級ワークブーツメーカー」として扱われることが多いですが、50sモノはさすがに別格です。古いガラスレザーの質感もそれなりに味わい深いですし、何より革が分厚つく、ステッチもこまかい。...
Read More

Converse のハンティングブーツ 

アメリカ製ブーツ祭り サードシーズン第12回。コンバース社のラバーブーツ。ガムブーツとか、ダックハンティングブーツとか、いろいろ呼び方はあると思いますが、つまりはL.L.BEAN のメインハンティングブーツと同種のもの。L.L.BEAN のが超有名なので、その代名詞のようになっていますがコンバースをはじめ、US RUBBER COやRED BALL、LaCrosseなど各社から同じようなブーツが発売されていました。コンバースはもともと社名からし...
Read More

DOUBLEWEAR の10inブーツ (REPRISE) 

アメリカ製ブーツ祭り サードシーズン第11回。昨年紹介した DOUBLEWEAR の10inハイトブーツ。RWの旧い877にソックリと書きました。RWの類似品か、そもそもこの手のハンティングブーツの形について各社共通の認識を持っていたのかも、と。同じミネソタ州のメーカーでもありますし。それにしても、見れば見るほどRWによく似ています。ステッチの入り方、昔のオロ・ラセットを彷彿とさせる革の感じにDU-FLEXソール。旧い877との違...
Read More

Ranger のハンティングブーツ 

アメリカ製ブーツ祭り サードシーズン第10回。Endicott-Johnson のRangerブーツ。デッドストックで、おそらく60s前半までのもの。この、2年ほど前に紹介したものと同じモデル。すごく気に入っていて、ずっと同じものを探していたのですが、なかなか縁がなく、今回やっと見つけることができました。たぶん、10年くらい前ならゴロゴロしていたんでしょうが、さすがに最近はキビしくなってきたようです。たぶん同好の方ならお分か...
Read More

Alden のスエードブーツ(#41640) 

アメリカ製ブーツ祭り サードシーズン第9回。オールデンのスエードブローグ6インチブーツ。モディファイドラストで、コニャックカラー。メダリオンの意匠が入ってはいるものの、全体の雰囲気としては昔のサービスブーツのような感じ。ステッチはホワイトで、カジュアルな印象。W型のフルブローグ(米国靴なので、パーフォレーションというべきでしょうが)モチーフがつま先だけに用いられています。ソールはライト仕様のスポンジ...
Read More

SHAW の6インチサービスブーツ 

アメリカ製ブーツ祭り サードシーズン第8回。M.T.SHAW というオールドブランドの6インチブーツ。デッドストックで、72年製。SHAWのサービスシューズ・カテゴリーのもの。このメーカーの靴には“LOYD”とか“MORRIS”などという洒落たモデル名が与えられていて、このブーツは‘DIXIE’と名付けられています。78年の同社のカタログより。ここには‘DIXIE’は見当たりませんが、左上の“OSCAR”に近いかと。こういう感じのキッドスキンのコンフ...
Read More

Sundial の6インチブーツ 

アメリカ製ブーツ祭り サードシーズン第7回。Sundial の6インチレースアップブーツ。デッドストックで、おそらく50s~60s前半あたりのもの。素材はガラスレザーで、赤みの強いタンカラー。加工革なので少々色気には欠けますが、さすがに旧いのでそれなりの趣きは感じられます。形はきれいで、特にこの横からのフォルムはなかなか。ステッチは2色使い。同梱されていたギャランティ・クーポン。“Bol Tan”というスウェット・レジスタ...
Read More

Red Wing #899 

アメリカ製ブーツ祭り サードシーズン第6回。Red Wing の899。デッドストックで83年製。アイリッシュセッターのプレーントゥモデルで、長らく作られ続けた名作のひとつ。残念なことに、これも数年前にディスコンになったようです。力強いフォルムと分厚いラグソールが特徴。ザ・レッドウィングという感じです。特にこの時期のものは若干オレンジがかったオロ・ラセットのものが多く、独特の色合いになっています。私が特に好きな...
Read More

Red Wing #2248 

アメリカ製ブーツ祭り サードシーズン第5回。Red Wing の2248。セーフティー・ラインのもので、79年製。70sなので、PT(Protective Toe)表記以前の安全ブーツということになります。この2248は96年まで作られていて、PT83とPT91が入ったモデルが存在します。このPT云々というのはあくまでスティールトゥの安全基準の話なのですが、やはり革自体もそれに合わせて分厚く作られている場合が多いのも確かです。この2248、おおむねダ...
Read More

Red Wing #866(70s) 

アメリカ製ブーツ祭り サードシーズン第4回。引き続き866です。これは73年製のもの。前回の80年製に比べてかなり色目が違います。同品番であっても、革の雰囲気・作りとも千差万別だったりするのが旧いRWのデッドの面白いところ。おそらく今のRWの方が品質のバラつきは少ないかと。80s以降の866はRED WINGの刻印があるソールですが、このブーツはDU-FLEXクレープソールが使われています。革質的には、こちらの方が柔らかくてモチ...
Read More