http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

DOUBLEWEAR のワークブーツ 

「アメリカ製ブーツ祭り セカンドシーズン」第11回。今回はマイナーメーカー。DOUBLEWEAR というブランドの10インチハイトブーツ。デッドストックで、60年代のものと推定しています。ご覧の通り、同年代の初期Redwing 877によく似ています。同じロング丈のモックトゥブーツであるということだけでなく、オレンジがかった「オロ・ラセット」カラーとか、サイドの一直線のトリプルステッチや背面のステッチ処理、このクロスしたスク...
Read More

WOOD N' STREAM のチャッカモックトゥブーツ 

「アメリカ製ブーツ祭り セカンドシーズン」 第10回。本日は少し変わり種のブーツを。WOOD N' STREAM のチャッカモックトゥブーツ。デッドストックで、おそらく70s中期あたりもの。"STRIKE"というシリーズのもので、名前からしてフィッシング用のアウトドアブーツらしい。外観はクラークスのワラビーブーツに似てます。ソールはパット部がレッドになっていて、少しだけオシャレ...なのかな。この時代でたまに目にする仕様です...
Read More

Alden の6インチスウェードブーツ 

「アメリカ製ブーツ祭り セカンドシーズン」 第9回。Alden の6インチスウェードブーツ。ミリタリーラストで、数年前のもの。色目なんですが、これがスナッフカラーなのかな。他のスナッフと比べて、一段濃い感じもしますが...。ミリタリーラストの6インチは、いちばんクラシカルなフォルムをしていて、旧いブーツが三度の飯より好きな私としては、たまらないものがあります。ソールはコルク。このシリーズのブーツには、プラ...
Read More

MASON のマウンテンブーツ 

「アメリカ製ブーツ祭り セカンドシーズン」 第8回。MASON のマウンテンブーツ。80年代(正確には'84年4月製)のデッドストック。山登りはあまりしないですが、安かった(たしか数千円)のと、ハイキングブーツを一足も持ってなかったので購入。素材はオイルドヌバック。このワイルドが感じがなかなか。MASON 社は、以前も書いたように、ウィスコンシン州の Chippewa Falls に本拠があって、場所柄(林業のさかんな地域なので...
Read More

Weyenberg のワークブーツ 

「アメリカ製ブーツ祭り セカンドシーズン」第7回。今日は、Weyenberg の8インチワークブーツ。デッドストックで、年代はですね...これはさすがに50sと言っても良いのかな。でも確たる証拠なしに希望的観測を述べるのもどうかと思うんで、一応60sとしときます。まあ、お店じゃないんで、この辺は気にしなくていいのかもしれませんが...(^ ^;Weyenberg のこの手のワークブーツは結構珍しいと思います。50年代のLIFE誌には頻繁に...
Read More

ノーブランドのキッドスキンブーツ 

「アメリカ製ブーツ祭り セカンドシーズン」第6回。メーカー不明の6インチキャップトゥブーツ。デッドストックで、60年代付近のものと推定。素材はキッドスキン。現代の靴屋さんではまず見かけない素材ですが、旧いアメリカ靴の世界ではわりとポピュラーなもの。結構好きな革なので、食指が動いてしまうのですが、やはり子羊革も牛や馬と同じで、古い時代のものの方が明らかに質が良いように思います。このブーツ、内部の数字...
Read More

Alden の 6インチブーツ (#45830H) 

「アメリカ製ブーツ祭り セカンドシーズン」第5回。Alden の6インチプレーントゥブーツ。品番#45830H。おそらく数年前のもので、ミリタリーラスト。このオールデンのマンソンラストの6インチブーツ、個人的には隠れた名作ラインだと思っています。アッパー素材は、牛革には違いないのですが、ちょっと不思議な感じのシボ付き(たぶん型押し)の革。柔らかくて光沢があり、少しカンガルー革っぽい感じ。持ってないので分からな...
Read More

Justin のローパーブーツ 

「アメリカ製ブーツ祭り セカンドシーズン」第4回。本日はウェスタン。Justin のローパーブーツ。型番#3800。デッドストックで、70s後半〜80s初期あたりのものと思われます。ローパーブーツは、丸みのあるトゥ、低めのヒール、10インチハイト前後の筒丈が特徴の、主に農場での作業用ブーツ。要は短めのウェリントンなのですが、初めて「ローパー」という言葉を使ったのは Justin らしい。このブーツの箱書きには、まだ"Wel...
Read More

Ranger のホースハイドブーツ 

「アメリカ製ブーツ祭り セカンドシーズン」第3回。今回はこれ。Ranger by Endicott Johnson の8インチハイトブーツ。デッドストックで、60s初期あたりのものと思われます。素材はホースハイド(たぶん)。E-J社の馬革は初めてですが、さすがに自社タンナーを持っていただけあって、革の重厚感はなかなかのもの。以前書いた70s Carolina のホースハイドより圧倒的に良いです。ソールはコルク。これも厚みがあってしっかりしてま...
Read More

The Old Hickory のアンクルブーツ 

今年も密かに始まった(^ ^; 「アメリカ製ブーツ祭り」。セカンドシーズン 第2回目はこれ。Old Hickory Shoe というブランドのアンクルブーツ。デッドストックで、50年代のものと推定。売り主は30s〜40sと言ってましたけど、向こうの人はちょっと古く見えるとそう言うんで、信じていません(^ ^;一応 E width なのですが、サイドから見ると華奢な印象。ただしトゥはポッテリしてて、この辺のアンバランスさが何とも。この手...
Read More

Fin & Feather の ワークブーツ 

Fin and Feather というブランドの8インチハイトブーツ。デッドストックで、おそらく60年代あたりのものと推定。若干内側に寄ったモックトゥ部分など、以前書いたRanger by Endicott Johnson のブーツによく似ています。当時、この手のブーツはこういうデザインがデフォだったのかもしれません。しっとり感と弾力のある革で実に素晴らしい。この革の良さが旧いブーツの最大の魅力ですね。タグによれば、革は当時全米2大タンナーの...
Read More