http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

CLOUD 9 のクラッカージャックT 

東京・町田にあるクラウド9の25周年Tシャツ。Cracker Jackのセーラー・ジャックがプリントされています。ちなみに犬の名前はBingo。Cracker Jack はアメリカでは大変有名なキャラメルポップコーン。1893年発売と言いますから、もう1世紀以上ですか。メジャーリーグの7回裏に歌われる"Take me out to the ball game"(私を野球に連れてって)の中にも登場します。これは1966年頃から放映されたアメリカのCM。"When it comes to...
Read More

RAND のスリップオン 

Rand のスリップ・オン。年代的には、60年代後半といったところでしょうか。アッパーは麻のような素材の、粗めのバスケットウィーブ。つま先はポインテッド・トゥ気味になっています。Rand Shoe社 は International Shoe Companyの前身。この頃はInternational Shoe社の一部門として、主に若者向けのIVYチックな靴をリリースしていました。これらは1967年と1968年のRANDのアド。当時の雰囲気が良く伝わりますね。値段か...
Read More

REGAL のコインローファー 

ひさしぶりに購入した、リーガルのローファー。実に15年ぶりです。これはスコッチ型押しレザーの「2640」という現行型番のもの。以前買ってたリーガルのローファーはビーフロール仕様のものでしたが、これはオーソドックスなコインローファータイプになっています。ふと立ち寄ったリサイクルショップで、マイサイズの未使用品が定価の半額以下で売られているのを発見。一晩考えて(笑)、結局連れてきてしまいました。オールデン...
Read More

ポール・モーリア  /  涙のトッカータ 

中学生のとき、イージー・リスニングに凝ってまして、少ない小遣いをやりくりして、月に一度天神へレコードを買いに行くのが楽しみでした。リチャード・クレイダーマン、ピエール・ポルト、カラベリ、レーモン・ルフェーブル、ジョニー・ピアソン、フランク・プゥルセル...。その中でもイージー・リスニング界の大御所といえば、ポール・モーリア。恋は水色、ラブ・イズ・ブルー。特に「ポール・モーリアと再会」というLPがお気に...
Read More

"and"が5つ続く英文 

A typesetter was setting type for an advertisment for an inn called The Horse And Cart. His client was proofing the ad. and said; There is too much spacing between Horse and And, and And and Cart.ついでに、こっちは"that"が5つ続く英文。I think that that that that that student wrote on the blackboard is wrong....
Read More

JOHNSTON & MURPHY のフルブローグ 

Johnston & Murphy のフルブローグ。70年代初期のデッドストック。これは同社のトップグレードである"Aristocraft"のもの。インナー表記が手描きなことから、その中でも、後に"HAND MADE"と呼ばれたラインものと思われます。トヨタで言えば、クラウンに対するセンチュリーのようなものでしょうか。J&M社は、1971年以来、自前のリテールストアを全米に展開していて、一般の小売店にあまり卸していなかったようなので、ユーズドはと...
Read More

南野陽子  /  話しかけたかった 

「話しかけたかった」は1987年4月1日リリース。オリコン最高位1位、ザ・ベストテンでも2週にわたって1位を獲得しています。作曲の岸正之さんは、「春景色」「海のステーション」など、彼女のアルバムにも良い曲を提供しています。それにしても、22年も前ですか....。でも彼女変わらないですね。♪風が踊る5月の街で....さりげない出だしですけど、初夏の情景としては完璧なフレーズだと思います。...
Read More

Brooks Brothers のレジメンタル・タイ 

ネクタイはドット柄や小紋柄がクラシックだということは知ってるんですが、やはり「メンクラ」世代の私としては、ブルックスのレジメンタル・タイがどうしても思い浮かんでしまいます。英国軍の連隊(レジメント)の識別のための斜め縞模様を、ファッションとして米国に広めたのがブルックスブラザーズとされます。最近買ったのがこの3本。レッド×スカイブルー、パープル×グリーンのレジメンタルと、タータンチェックのウールタイ...
Read More

Florsheim のロングウィングチップ 

Florsheim のロングウィングチップ。フローシャイムがまだ「ちゃんとした靴」を作っていた頃のもの。ペブルグレインのアッパーに、5本の釘が打たれたトリプルソール。レザーヒールには、2周釘にV-cleatと呼ばれる三角金属チップが付けられています。時期的には、そんなに古くなくて、おそらく80年代初期あたりのものであろうと推察しています。この釘たくさんのインペリアルのKenmoorシリーズは意外と長く作られていたようで、少...
Read More

Alden のキッドスキンブーツ(50's) 

オールデンの6インチハイトブーツ。50年代後半(推定)のデッドストック。モデルナンバーは#569で、モディファイドラスト。系統的には、現行品としてまだ入手可能な短靴の#559の流れになるかと。アッパー素材はキッドスキン。トゥの部分はおそらくコードバン。私の持ってるコードバンとあまりに違いすぎて、最初は何の革か分からなかったほど。さすがに60年前のコードバンは良質です。軽く布で拭いただけで素晴らしい輝き。きっと...
Read More

BREE のベルトバッグ 

BREEと言えば、独特のヌメ革(アニリン染め)で知られるドイツのバッグメーカー。んで、「日光浴」必須の少々面倒くさい、いや、好きな人にはたまらないブランド。最初は白に近い肌色が、「日光浴」させることで徐々にピンクっぽくなり、そして良い感じの飴色に成長していく、まさにバッグ界のドラクエ、Mother 2。いずれ欲しいとは思っていましたが、なかなか良いお値段がするので、購入に踏み切れないでいました。そんなとき、近...
Read More

Brooks Brothers のB.D.シャツ(80's) 

行きつけの古着屋で発掘した Brooks Brothers のB.D.シャツ。Makers赤タグ、6つボタン、made in USA表記無しの、おそらく80年代初期のもの。で、驚くべきことに、デッドストック状態で発見。$31のプライスタグ、マチ針までついてました。バーコードでなく、パンチカードなのが時代を感じさせます。んで、さらに驚くべきことに、お値段525円!(感涙)この古着屋さんにはもう何年も通ってますが、ひさびさのホームランです(^ ^)/こ...
Read More