http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

Jung Shoe (Sheboygan) のワークシューズ 

Jung Shoe Manufacturing 社というメーカーのワークシューズ。1950年代後期のデッドストックです。これは地元のビンテージショップで購入したもの。トゥにスティール等は入ってなく、アッパーはペコペコした安っぽい感じ。たださすがにこの時代のものですから、一応レザーのようです。インナーもレザーで、SWEAT RESISTANT の刻印があります。何か特殊加工がされているのでしょうか。コルクソールには BEARFOOT の刻印、ヒールはBF...
Read More

Maker's Shirt 鎌倉のシャツ 

どこかコストパフォーマンスに優れたシャツはないかと探していて見つけたのが、このMaker's Shirt 鎌倉のシャツ。綿100%で80番手双糸以上の素材と天然貝ボタンを使用。種類やサイズも豊富で4,900円均一のお手頃価格。これは試してみなければ、ということで早速ネットストアから注文しました。今回はセミワイドカラーのスリムフィットで、ホワイト・オクスフォード地を選択。注文日から中1日で到着しました。まず感じたのが、芯地...
Read More

Fire-King Jadite Dhandle Mug 

ファイヤーキングのジェダイDハンドルマグ。ファイヤーキングの代名詞とも言える定番中の定番ですね。これは職場の近くのショップで見つけたミントコンディションのジェダイマグ。バックスタンプの表示からこれは50年代のものだと推定されます。やはりジェダイカラーは人気があるようで、よく目にするパターンプリントなどのものより値段が高いです。ミルクガラスの透明感と翡翠色のオリエンタルな雰囲気がジェダイの魅力。ショ...
Read More

alden の indy boot cordovan(#40508) 

オールデンのインディブーツ。名前は映画「インディ・ジョーンズ」で主人公のインディが履いたことに由来します。日本では正規取り扱いがなく、並行輸入品をたまに見ますが、現地では300ドルで売られているようです。これはハワイのショップ、leather soul が別注をかけたコードバンのインディブーツ。以前ウェブサイトで見かけて問い合わせしたのですが、あいにく売り切れ。今回再入荷した、とのことで早速送ってもらいました...
Read More

FAIRFAX の ソリッドタイ 

カジュアルな職場なのでネクタイをする機会はあまりないのですが、それでも長年社会人をやっていると本数だけはそれなりに増えていきます。昔はシルク100%なら何でもいいと思っていたのですが、最近は靴と同じくらい気を遣わなくてはいけないと思い始めました。最近のお気に入りはこのフェアファックスのソリッドタイ。ソリッドタイはディンプルが最大限に生かせるので好きなのですが、柄でごまかせない分ちゃんとしたものを選ばな...
Read More

redwing のwellington boots 

レッドウィングのヌバック素材のウェリントンブーツ。ウェリントンブーツといえば英国のHUNTER社のラバー素材のものが有名ですが、こちらはソールのみラバーで、全体のディテールはペコスブーツになっています。(ペコスブーツはレッドウィング社の登録商標)ですから簡単に言えばペコスブーツのゴム底バージョンでしょうか。craftsmanというラインのもので、これはアメリカのデパート、シアーズが展開している日用工具などの独自...
Read More

LANDS' ENDのウォッシャブル・ウールパンツ 

ランズエンドのウェブサイトにはクリアランスのページがあり、シーズンオフにはかなりのオフ・プライスになります。まあ、サイズや色の片寄りは致し方ないところではありますが、タイミングが合えば良い買い物ができるので、ちょくちょくのぞいています。これは先日そのクリアランスのページで見つけた、ノープリーツ・脚長仕様のウールパンツ。SUPER 100's使用のウール100%にもかかわらず、洗濯機で洗えるノーアイロン仕様。縮み...
Read More

TULANE大学のスウェット 

ニューオリンズにあるチューレーン大学のスウェット。これは今からちょうど20年前にチューレーン大学のブックストアで買ったもの。「欲望という名の電車」で有名な路面電車に乗って(←ぜひ乗りたかった)、キャンパスに行った記憶があります。なぜわざわざチューレーン大学を訪れたのか、どうしても思い出せないのですが、きっと電車に乗ってて気まぐれに立ち寄ったのだと思います。ボディは古着屋さんでよく見かけるJERZEESなの...
Read More

ジャラン・スリワヤのウィングチップ 

インドネシアのファクトリー、ジャラン・スリワヤのバルモラル・ウィングチップ。本格的なつくりの靴ながら、アンダー3万円という価格設定で話題のメーカーです。低価格ながら有名なタンナーであるフランス・デュブイ社の革が使用されています。以前から気になっていたので、近所の伊勢丹系列のデパートに見に行ってみました。5種類くらいデザインがあり、その中で目を引いたのがこのウィングチップ。本当はブラインドブローグが...
Read More

pendletonのウールシャツ 

以前リサイクルショップで買ったペンドルトンのBDウールシャツ。ほとんど着られた形跡がなく新品同様なのですが、織りネームが旧デザインなので、少なくとも10年以上前のものになるかと思います。このペンドルトンの古いロゴのデザイン、アジがあって良いですね。(追記:このタグのデザインは70年代のもののようです。)ペンドルトンといえば140年以上の歴史を誇る老舗の織物メーカー。バージンウールのやわらかな触感のよ...
Read More

new balance 1300J(2000年復刻) 

ニューバランスの1300。これは2000年の3度目の復刻版。正しくはM1300Jです。オリジナルは1985年に発売。当時の定価が39,000円だったことから、「スニーカーのロールスロイス」と呼ばれたことはあまりに有名ですね。20年以上前の39,000円ですから、初任給ベースで換算すると、現在の5万円超。プラザ合意による円高のギリギリ前だったとはいえ、すごい値段です。現在では当たり前になったENCAPミッ...
Read More

村岡屋の「さが錦」 

「さが錦」は佐賀の村岡屋の菓子。小豆入りの和風カステラをバームクーヘンで挟んだもの。佐賀の伝統織である佐賀錦をイメージしたデザインで見た目からして芸術的。食べてみると小豆の風味がきちんと生かされていて、お茶にもコーヒーにも合います。子どもの頃から大好きで、もう何十年も食べています。職場の近くに村岡屋の直営店があり、ちょっと形の不揃いの「さが錦」を安く売ってるので、よく買っています。自分の家で食べる...
Read More

FRAME WORKSのワークパンツ 

福岡のショップ、FRAMEのオリジナルライン、FRAME WORKSのワークパンツ。これは定番の2003Mという品番のもの。ここはバーバリアンやホワイトハウスコックスの輸入元の直営ショップで、特にバーバリアンの品揃えはたいへん充実しています。このFRAME WORKSのパンツは厚いツイル生地と深い大きめのポケットが特徴。生地がしっかりしていて、かつ程よい収縮性があります。ハリランのジャーマンクロスはジャージ並みのはき心地の良さが...
Read More

converse pro leather 76 

1976年発売のコンバース・プロレザー。正式には「Allstar Professional Basketball Shoes」でレザーアッパーのバスケットボールシューズであるジャックスター、ワンスターの後継にあたります。ABAやNBAで活躍したジュリアス・アーヴィングの愛用モデルとしても有名で、彼の愛称をとって「ドクターJモデル」とも呼ばれています。これは「プロレザー76」の名で昨年発売されたレプリカで、ゴールド×ホワイトバージョンのハイカ...
Read More

dydoのスポエネ乳清 

もう一度ぜひ飲みたいのがダイドーのスポエネ乳清。1991か92年頃のものだと思います。当時、カルピスウォターが大ヒット商品となり、各社から似たような乳性飲料が発売されていました。そんなとき、近所の自販機で何気なく買ってハマったのがこの「スポエネ乳清」でした。ダイドーのスポーツドリンクで「スポーツエネルギー」というポカリスエット系のものがあったのですが、これにカルピスを混ぜたような味。こういうと何か...
Read More

clarks desert boots 

10年ぶりに買ったクラークスのデザートブーツ。雑誌の「安くて良いもの」なんかの特集で必ずと言っていいほど取り上げられる定番ブーツです。とにかく色んな格好に合わせられる守備範囲の広さがロングセラーの要因でしょう。スニーカーの延長線上で購入する人も多いようですし、逆に革靴の方からのカジュアルダウンで持っている人もたくさんいるようです。価格的にもデザイン的にもちょうど中間的な存在ですものね。以前はイング...
Read More

PARABOOTのCHAMBORD 

パラブーツのシャンボー。分厚いゴムソールが大変有名な定番Uチップです。私が持っているのはマロンと呼ばれる赤茶色。他にも黒と濃茶(カフェ)などがあるようです。フランス靴らしい丸っこくて高めのトゥが目をひきます。よくウェストンのゴルフと比較されますが、ソールがゴツイぶん、こちらの方がよりカジュアルというかアウトドアな印象です。パラブーツ社はアルプス山麓のグルノーブル近郊で、1919年創業。現在もこの創...
Read More

椿三十郎 

 黒澤明監督の「椿三十郎」。もう何度見たか覚えてないくらい好きな映画です。初めて見たのは留学先のアメリカの大学の図書館。ビデオライブラリーに「用心棒」とこの「椿三十郎」があって、日本語に飢えていたこともあり繰り返し見ていました。今思えばアメリカの片田舎の大学にビデオがあったというのも、さすが「世界のクロサワ」といったところでしょうか。まだビデオが珍しかった時代のことですから。とにかくストーリーが面...
Read More

吉野家の豚皿 

裏ワザというほどのことでもないですが、吉野家で牛皿や豚皿をテイクアウトして、家のごはんで牛丼や豚丼にするとビックリするくらいおいしくなります。これはコストの関係上、店のお米より家のお米の方が多くの場合質が高いということなのでしょう。いちばん近い吉野家からウチまでクルマで約10分。猫舌なのでちょうど良い具合に冷めてて食べやすいことも個人的に大きいのかもしれません。先日ご近所の農家から新米を頂いたので...
Read More