http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

Wile E. CoyoteのTシャツ 

しまむって見つけた、ワイリー・コヨーテのTシャツ。しまむらプライスなので890円。ということで2色買い。有名ショップの別注Tシャツを手がけるグレイス社製。もう完全にグレイスファンです。ときどきこんなヒットがあるので、しまむら詣では欠かせません。お子様が猛ダッシュしてくるのをよけながら買い物しなきゃいけませんけど(笑)そういえば、Hanesの赤3パックTがセールになってて(680円。安っ!)手に取って見てた...
Read More

越後製菓の「ふんわり名人・きなこ餅」 

今年最大のヒット菓子です。越後製菓の「ふんわり名人・きなこ餅」人にもらって食べたのですが、ウマ過ぎる。カールよりもふんわりしたスナックにきなこがまぶしてあるだけなのですが、まさに新食感。食べ始めたら止まらず、カロリーもけっこうあるのでメタボ対策中の方は危険かも。6つの小袋に分けてあるのは食べ過ぎ注意の配慮からでしょうか。ハッピーターン→お茶→ふんわり名人→お茶→........ の恐怖の輪廻に陥らないようにし...
Read More

United Athleの無地Tシャツ 

下着としてはHanesの赤パックTをダウニーでフワフワにして着るのが好きですが、Tシャツ1枚やシャツを重ね着するときはヘビーウエイトのTシャツを愛用しています。このUnited Athle(ユナイテッドアスレ)の無地Tシャツは1年くらい前にネットショップで発見。6.2ozというなかなかの厚手の生地で、コーマ糸を使用していながら1枚400円程度という安さ。けっこう洗っても首もとがヘタらないのも高ポイントです。カラーも豊富で、...
Read More

夏への扉 / ロバート・A・ハインライン 

「ぼくの飼っている猫のピートは、冬になるときまって夏への扉を探しはじめる。家にたくさんあるドアのどれかが夏に通じていると信じているのだ。」「夏への扉」(The door into summer)はアメリカのSF界の巨匠、ロバート・A・ハインラインが1957年に発表した初期SFの名作。私の中では広瀬正の「マイナス・ゼロ」と並んで、タイムトラベルものの最高傑作です。内容についてはまだ読んでいない幸福な方のために(ホントにうら...
Read More

アメリカ古着Tシャツ 

夏の古着屋めぐりの楽しみといえばTシャツ探索。せっかく古着で買うのならオリジナリティがあるものがいい。そんなときに見つけたのがこの2枚のアメリカ古着Tシャツ。いずれもアメリカの学校の生徒の記念Tシャツのようです。これは小学校の卒業記念Tシャツでしょうか。2006年度のようです。4クラス分の担任の先生の名前が入っています。バックプリントには生徒全員のサイン入り。こっちはタイダイ染めの記念Tシャツ。このHom...
Read More

海潮音 / 上田敏 

「海潮音」は1905年(明治38年)に上田敏によって発表された訳詩集。上田敏が雑誌「明星」などに発表した海外の詩の翻訳をまとめたもの。母がカール・ブッセの「山のあなた」という詩が好きで、自然と覚えてしまいました。山のあなたの空遠く 「幸」住むと人のいふ 噫、われひとゝ尋めゆきて、 涙さしぐみ、かへりきぬ山のあなたになほ遠く 「幸」住むと人のいふOver the mountains,far to travel, people say,Happiness dwe...
Read More

リョーユーのマンハッタン 

高校生の頃、朝ごはん代わりに食べていたマンハッタン。チョコレートがかかったドーナツのような菓子パンです。そのサクサクした食感と香ばしい風味が大好きで、ほぼ毎朝、近所の小さな食料品店に買いに行っていました。店のオバチャンも心得たもので、売り切れそうなときはキープしておいてくれてました。175Rのあるメンバーも好きだったようで、このパンのことを歌った「マンハッタン」という曲をアルバムに収録しているようです...
Read More

MARKENのシューツリー 

革靴にはシューツリー。本当は純正品が良いんだろうけど、1万円近くしますよね。仮に10足分だと10万円。ひえ。まあ、本格靴を買う時は、純正ツリー+純正クリームで靴の値段に+1万みとけ、ということになるのでしょうが、7~8万の靴だと心理的につらいものがあります。消費税込みだと10万円の大台に近づいてしまいますからね。その靴のラストに合ったものが一番良いのは確かですが、何か手頃なものはないかと物色してい...
Read More

G.H.Bassのペニーローファー 

*ペニーローファーの本家、G.H.BassのWeejuns。1876年にGeorge Henry Bassがメイン州のP.E.Packerd社という靴工場を買収し、3年後G.H.Bass社としてスタート。1936年にノルウェーのノルウィージャン・フィッシャーマンズ・シューズを基にペーニーローファー(コインローファー)の原型となるWeejunsを発売しました。本格靴があまた輸入され認知されている現在、バスのブランド力は相対的に下がってしまいましたが私がアメリカン・...
Read More

ほっかほっか亭のからあげ弁当 

からあげに何をかけるか?本来、からあげは下味がついているものなので、そのままというのが正しいのでしょうが、やはり揚げ物には何かかけたくなるという人も多いかと思います。昔、バイト先で東北出身の人が、からあげに醤油をかけていました。東北では当たり前というので、九州人の私にとっては軽いカルチャーショックでしたが、やってみるとこれがなかなかイケる。他にウィスターソース派やマヨネーズ派もいましたね。ほっかほ...
Read More

HealthknitのヘンリーネックTシャツ 

ヘンリーネックのTシャツの原型を作ったとも言われるヘルスニット。1900年創業のstandard knitting mills社(Knoxville,Tennesee)のアンダーウェア部門として、Tシャツなどを生産。特にヘンリーネックTは70年代にはグランパシャツと呼ばれ、80年代にかけて定番化していました。残念ながら1990年代はじめに事実上倒産してしまい、アメリカ製のヘルスニットは無くなってしまいましたが、2004年に日本のメーカーがライセンスを取得し、...
Read More

亀田製菓のハッピーターン 

ハッピーターンは1977年発売の洋風せんべい。例の甘辛い粉がクセになり途中でヤメられなくなることから、一部では「合法麻薬」(もちろん有害な成分は入っていませんが)とまで言われています。2005年には、「シャカシャカハッピー」なる、別添えのハッピーパウダーで自分好みのハッピーターンができるスピンアウト商品も発売されました。確かに通常のハッピーターンは粉のかかり具合によって、かなり味に差があります。しかし...
Read More

J.M.Westonのプレーントゥ 

J.M.Westonのプレーントゥ。色はchocolateでコマンドソール仕様。定番のゴルフもそうですが、このポテッとしたちょっと寸足らずの形がいかにもフランスぽくて良いと思います。さすがにスーツには厳しいですが、チノーズやジーンズにはピッタリです。またレザーソールではないので、雨の日も気軽に履けます。靴の機能としては、革底→ゴム底は正統な進化なのでしょう。もちろん趣味性とは別問題ですが。ところで、やはり革靴のサイズ...
Read More

L.L.Beanのトートバッグ 

モノへの満足度というのは、ある程度値段に比例したりするもの。でも中には安さと満足度を両立させる希有なモノもあったりします。自分的にそのベスト3はホンダ・ビートとコンバース、そしてこのL.L.Beanのトートバッグ。ビートについてはまたきちんと語りたいと思っていますが、とにかく乗ってて楽しいクルマ。おそらくフェラーリやポルシェオーナーでもその面白さは認めるはずです。コンバース・オールスターは「安いけど履いて...
Read More

tweetyのTシャツ 

以前にも紹介しましたが、今回もしまむらネタです。「しまむら」とは「ファッションセンターしまむら」のこと。一部若い女の子の間では、「しまむる」とか「しまむりに行く」など動詞化しているとも聞きます(笑)。郊外住民にとって、あるいはチープシック大好き人間にとってはある意味ユニクロ以上に「使える」衣料品店といえるのではないでしょうか。ユニクロで買ったものはバレる可能性がありますが(俗にいうユニバレ)、しま...
Read More

液体洗濯せっけんarau(アラウ) 

ジーンズをどうやって洗うか?というのは案外大きな問題だったりします。特にビンテージものやビンテージレプリカなんかの場合はなおさら。ひたすら洗わない、という強者もいるでしょうが(笑)、夏はほぼ熱帯の日本でそれはかなりキビしい。水洗いだけというのもどうかと。そんなとき某BBSで話題になっていたのがこのarau(アラウ)。"Soap for baby and mommy"とラベルにある通り、無添加せっけんなので使って安心。洗浄力も合成...
Read More

アメリカ軍のM-65 Field Trousers 

おそらく一番認知度の高い軍パンがこの米軍のM-1965 Field Trousers、通称M-65でしょう。個人的には、この前後のモデル、M-1951 Field Trousers(通称M-51)と1969年製Tropical Combat Trousers(通称ジャングルファティーグパンツorベトナムパンツ)をあわせて「米軍パン御三家」と位置づけています。さてこのM-65ですが、多くのセレクトショップやブランドからモディファイされたものや再現されたものが多数出ています。独自にア...
Read More

2007F1第6戦カナダGP 琢磨6位入賞! 

アロンソをちぎりました。もちろんタイヤとかアロンソのマシンの不調とか様々なラッキーがあったことは確かですが、これはもうとんでもなくスゴイことです。メーカーが巨額の投資をして最新のマシンを投入し続ける現在のF1において、いくらホンダの後押しがあるとはいえ、プライベーターに近い結成2年目のチームです。去年はアロウズの4年落ちのシャーシで完走が奇跡と呼ばれたチームなのです。2chでこんな良いレスがありました...
Read More

PanasonicのコードレスフォンVE-PVC01L 

一見何の変哲もないコードレスフォン。もうかれこれ5年使っています。実はこれ、長年のPHSユーザーである私にとって実に画期的な電話機なのです。このVE-PVC01Lの最大の特長は、「PHSを子機登録できる」というところ。デジタルコードレスホンの規格である『自営標準第3版』に準拠していて、この規格に合ったPHSを最大4台つなげることが可能。つまり機種変して余った端末を再利用することができるんです。現在は別の端末に変えて...
Read More

Prep-BiltのUSCスニーカー 

1970年代製と思われるPrep-Biltブランドのスニーカー。USCとは南カリフォルニア大学(University of Southern California)のこと。おそらく大学指定のものと推定されます。Prep-Biltは*Saucony(サッカニー)社のブランドの一つですが、その成り立ちは少々複雑です。1910年創業のHyde Athletic社が1952年にIllinois Athletic Shoe Companyを、1968年にSaucony社を買収。1998年に社名をSaucony社に改めました。...
Read More

J.M.Westonのローファー 

コインローファーの(既成靴での)最高峰と言えばAldenのコードヴァンかJ.M.Westonのシグナチャーでしょう。もう10数年前でしょうか。とある雑誌にこういう話が載ってました。(うろ覚えですが)ある人が商用でパリへ行き、街角にあった靴屋に入りました。ローファーを見せて欲しいというと、店員がおもむろにその人の靴を脱がせ、足を手で触ると、店の奥から一足のローファーを持ってきたんだそうです。履いてみると、これがと...
Read More

roadrunnerのTシャツ 

渋谷のアメカジショップ、バックドロップの別注Tシャツ。ロードランナーものは東洋あたりからも出ていて人気ですね。このTシャツはフロッキープリントとイエロー×ネイビーの配色に惹かれました。バックプリント。BACK DROPの看板がオシャレです。"BEEP BEEP"はロードランナーの鳴き声ですが、正しくは"MEEP MEEP"の方が近いようです。ロードランナーとワイリー・コヨーテはアメリカのアニメ、ルーニー・テューンズに登場するキャラ...
Read More