http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

EDWIN 359BF 

1963年にEDWINが発売した359BF。国産デニムとしてはcantonと並び最古のジーンズのひとつとされます。これは1996年に復刻されたレプリカで、サイドポケットバージョンです。359BFの特徴は何と言っても16オンスのデニム地。「洗濯機の中で立つ」と言われたヘビーウェイトデニムが使用されています。実際に洗ったらホントに立ってグルグルまわってました(笑)。乾かすのにも2日がかり。下手なジーンズの2本分の厚...
Read More

銀河英雄伝説 

言わずと知れた田中芳樹原作のスペースオペラ。内容についてはwikipediaや各種ファンサイトで充分に語られているので割愛しますが、何度読んでも、また何度アニメを見てもその都度引き込まれる名作です。私が銀英伝を初めて知ったのはテレ東の深夜のアニメでした。深夜にアニメをやっていること自体珍しかったのですが、いちばん印象深かったのは、宇宙での艦隊戦のバックで流れる荘厳なクラシック音楽。アニメにクラシックは斬新...
Read More

nike ナイロンコルテッツ 

ナイキの定番、ナイロンコルテッツ。NIKEの前身は、オレゴン州でビル・バウワーマンと、フィリッ プ・ナイトが1964年に創業したブルーリボンスポーツ社ですが、当初は日本のオニツカタイガーの輸入代理店でした。陸上のコーチだったビル・バウワーマンが1968年のメキシコ五輪に向けてオニツカと共同開発したのがオニツカコルテッツで、その後両者の契約解除により、1971年にスウォッシュラインを入れたレーザーコルテ...
Read More

adidas superstar1 

アディダスの定番、superstar。これは限定ラインから最近出たスーパースター1というモデルです。昔のビンテージ感をだすべく、光沢のあるレザーと、日焼けを再現したクリーム色のソール、シュータンもゴールドタグが使用されています。正直なところ、「やりすぎ」感があるのですが、やはりスニーカー好きとしてはチェックせざるを得ません(笑)。ネット通販で即購入しました。まんまとアディダスにしてやられた感じです。オール...
Read More

Dries Van Notenのジャケット 

いわゆる「アントワープの6人」の一人、ドリス・ヴァン・ノッテンのジャケット。13年ほど前に新宿のバーニーズニューヨークで購入しました。ちょうど日本でドリスが有名になり始めた頃でしょうか。しかし当時の私は全くドリスのことを知らず、特にポケット部分のデザインと、黒に近い濃紺の微妙な色合いに惹かれ買った記憶があります。バーニーズニューヨークにはこのとき初めて行ったのですが、ドアマンがいるのにドギマギし、...
Read More

ファッションセンターしまむら 

都市部よりも郊外(田舎ともいう?)で良く見かける「ファッションセンターしまむら」。名前や佇まいから見て、おばちゃん御用達の激安衣料品店かと思いきや、さにあらず。ブランドにこだわりさえしなければ、まずまず流行をとらえた服がたくさんあります。加えて激安価格にサイズも豊富。女性ものが中心ではありますが、紳士ものもしっかり置いてあるので、よく利用しています。上のエレファントのスウェットは500円(!)。ヴ...
Read More

starbucksのタンブラー 

実は最近スターバックスデビューしたばかりなのですが、早くもハマっています。そもそも通勤途中にスタバのドライブスルー付きの店舗がオープンしたのがきっかけです。人気があるのは知っていましたが、理由がわかりませんでした。でも通い始めて、そこそこオシャレな雰囲気と、自分なりにコーヒーをカスタマイズできるところがウケているのだと分かりました。熱さやカフェイン抜きなど結構ワガママも聞いてくれるんですね。自分で...
Read More

brooks brothersのボタンダウンシャツ 

言わずと知れたbrooks brothersのBDシャツです。これは胸にワンポイントが入ったカジュアル志向のもの。以前にも書いたように、私はアメリカン・トラッドにかぶれた少年だったので、当然brooks brothersは今でも自分にとって最高の憧れブランドです。大人になって働くようになったらブルックスのスーツを着る、と誓っていたのですが、必ずしもスーツを着なければならない仕事をしてこなかったこともあって、まだその夢(?)を果た...
Read More

pro kedsのロイヤルアメリカ 

おそらく1994年頃に買ったケッズのロイヤルアメリカ。ホームセンターみたいなとこで安売りしてたので黒とこの紺色の2足ゲットしました。ケッズブランドの誕生は古く、コンバースと同じ1917年までさかのぼります。1960年代には「西のオールスター、東のケッズ」と言われ、東海岸のアイビーリーグの学生達に人気がありました。ちなみに「スニーカー」の語源は、ゴム底のおかげで音を立てずに歩けることから、忍び足で歩く=sneak→sn...
Read More

fullcount 1105 

去年あたりから自分的にジーンズ熱が復活しました。それで久しぶりにリーバイスの復刻ものでも買おうかと思いショップへ行ったところ、いろいろな国産ビンテージレプリカが出ていて驚きました。以前ジーンズにハマっていたときは、denimeとevisくらいしかなかったように思ったのですが、それ以外にもいろいろなブランドが出ていて正直どれを選んで良いのか分かりませんでした。それで一旦家に帰ってネットで調べた結果、選んだのが...
Read More

伊藤園「1日分の野菜」 

野菜ジュースのたぐいは苦手だったんですが、この伊藤園のは飲みやすいので最近気に入っています。野菜ジュースと銘打っていても実際には果汁が入っているものが多いのですが、これは野菜だけで甘くありません。正確にはカボチャが入っているので、その分の甘みはあるのですが、これが絶妙な風味を出しています。最初は健康のために飲んでいたのですが、最近では軽い中毒(?)みたいになっていて、常に冷蔵庫にはこの900mlのペッ...
Read More

風のララバイ/アルバート・ハモンド 

中学生のとき初めて買った洋楽のレコードです。FM雑誌で見たこのジャケット写真がいたく気に入り、買いに行った記憶があります。つまり曲を聴く前にジャケットで購入を決めたのです。このジャケットはセイシェル島で、レコード会社が曲のイメージから、本来本人の写真だったのを差し替えたそうです。アーティストにとって失礼な話ですが、アルバート・ハモンド本人は「裏ジャケットに顔をいれるなら」という条件でこれを受け入れた...
Read More

G-SHOCK GW-5600J-1JF 

久々に購入したG-SHOCK。このGW-5600J-1JFは初代DW-5600の面影を色濃く残しつつ、中身はセルソーラー&電波時計仕様になっていて、そのさりげなさに惹かれました。他のメタル系のシリーズと比べて圧倒的に軽いのもこれを選んだ理由の一つです。しかし「絶対狂わず、海外でも自動的に現地時間を示す」時計が1万円チョイで買えるとは良い時代になったものです。時計というのは実に面白い存在で、数百円で買えるものから何百万(何千...
Read More

adidas T-mac4 

NBA Houston Rocketsのトレーシー・マグレディ選手(愛称T-Mac)のシグナチャーモデルの第4弾。最大の特徴はシューレースがないこと。HUG SYSTEMという内部のワイヤーで足をホールドするハイテク機能が搭載されています。またadiPRENE+という従来のadiPRENEより上位のクッションが採用されていて、衝撃を吸収した上に反発力を高めてくれるそうです。スペックもさることながら、このホワイト×ブラックのクールな色使いと全体のスク...
Read More

mars sixteenのインベーダーTシャツ 

大阪のTシャツブランド、マーズ・シックスティーンの"NAGOYA ATTACK!"というTシャツです。ここは迷宮組曲やBOMBER MANなど、ファミコン世代には懐かしいコラボTシャツを出しています。"NAGOYA ATTACK!"とは言うまでもなく「名古屋撃ち」ですね。インベーダー全盛期の頃は「インベーダー喫茶」なるものもありました。私の町のインベーダー喫茶はヤンチャな中学生のたまり場だったので近づけませんでしたが。数年前に私が住む市のと...
Read More

championのスウェット 

スウェットと言えばチャンピオンのリバースウィーヴ、ということで、私も何枚か持っていますが、特にお気に入りを2枚ほど。virginia tech とはバージニア州立工科大学のことで、全米屈指の工科大学として知られています。市販のmacを1100台つないでスパコンを構築するなど("BIG MAC"というそうです)、IT関連技術の分野で特に有名です。このスウェットは、タグから判断するに90年代のもののようです。この"AUGUSTANA"なのですが...
Read More

tony lamaのウェスタンブーツ 

トニーラマのウェスタンブーツ。黒タグで、80年代のもののようです。ヤフオクで購入しました。たいへん程度がよく、軽く履かれただけの感じでした。この出品者さんは四国の方の業者さんなのですが、とても丁寧な方で品物も信頼できるので2回ほど購入しています。ウェスタンブーツはやはりブーツカットのジーンズと相性が良いです。私はこれにアメリカから通販で買ったラングラーの13MWとハリランのpp-6、リーバイスの517などを...
Read More

regalのコインローファー 

中学生の頃、「MEN'S CLUB」を愛読していました。アイビーやアメリカン・トラッドという言葉を初めて知ったのはこのメンクラからでした。紺ブレにBDシャツとレジメンタルタイ、グレーのウールパンツにローファーというスタイルに憧れたものです。中学、高校は運動靴が指定でしたので、大学に入ったら紺ブレ着て、ローファー履くのを夢見ていました。実は大学を選びの際にも、なるべく「アイビー・スタイル」が似合う学校を、という...
Read More

マイナス・ゼロ 広瀬正 

広瀬正のSF小説。広瀬正は日本SF草創期を支えたSF作家の一人で、SFのジャンルの中でも特に『タイムトラベルもの」にこだわった作家として知られています。惜しくも若くして亡くなったので、発表された著作はわずか6冊に過ぎませんが、どれも佳作ぞろいです。その中でもこの「マイナス・ゼロ」はタイムトラベルものの最高傑作だと思います。緻密なタイムパラドックスの構成もさることながら、昭和初期の(特に銀座周辺の)東京の描...
Read More

levi's 502復刻 

今から15年ほど前にlevi'sが初めて出したビンテージ復刻モデルです。確か501XXの復刻より前だったと記憶しています。川越のマルカワという倉庫みたいな大きなショップで買いました。イレギュラー品だったので安かったと思います。今でもマルカワはあるのでしょうか?正直、国産ビンテージブランドのような色落ちはないですが、なにより本家リーバイスが自らの復刻を手がけたことに意味があったと思います。自分自身としては初め...
Read More

素晴らしき哉、人生! it's a wonderful life 

一番好きな映画です。クリスマスの時期には必ず見たくなります。戦後すぐの映画で、当然モノクロなのですが、とにかくストーリーが素晴らしいです。運が悪くて、悲しいくらいに人の良い主人公がいるんです。自分を捨てて、他人のために尽くすんですね。その為に片耳の聴力も失うし、自分の夢もあきらめる。でもそれなりに幸せな人生を送っていました。でも、あるときどうしようもない程の絶望的な状況に追い込まれてしまいます。そ...
Read More

nike ワッフルトレーナー 

ナイキのワッフルトレーナー。私が所有しているのは1991年の最初の復刻版です。雑誌かなにかで復刻を知り、都内まで探しに行ったのですが見つからず、半ばあきらめていたところ、パチンコのついでに立ち寄った志木のダイエーで偶然見つけて購入した記憶があります。しかもその店では売れ残ってたらしく、たしかセール価格(5000円くらい)でした。当時はkaepa(三角形のチップを取り替えられるヤツ)とかナイキでもエア搭載モ...
Read More

carharttのダックカバーオール 

carhartt社のダック生地のカバーオール。1989年に発売された100周年アニバーサリーモデルです。生地のしっかり感もさることながら、裏がブランケット生地なのでとても暖かいです。記憶に間違いがなければ、1988年から89年にかけて一度このカバーオールが流行したことがありました。少なくとも私の周りでは3、4人はこれを持っていたと思います。その時は「なんか変なジャケットだな」と自分は少しも欲しくなかったの...
Read More

pioneer MPC-LX100 

その昔、パイオニアがパソコンを作っていたことを知っている方はそうそういないと思います。しかもmacを作っていたことを。appleという会社は今でこそipodのヒットで業績好調ですが、ほんの10年ほど前、imac発売直前は販売低迷期でさまざまな試行錯誤をしていました。そのひとつにmacのライセンスを各メーカーに供与してmac互換機の製造を認める、というのがあったのです。これはwindowsなどの世界では当たり前ですね。windowsマ...
Read More

スウィートホーム(ファミコンソフト) 

伊丹監督作品の映画「スウィートホーム」を題材にしたRPG。確か中古屋で100円(!)でした。もうスーファミがあった時代でしたから。友人にすすめられてプレイしたのですが、ハマりましたね。「早く家に帰って続きがやりたい!」と思ったのはこれと「Mother2」くらいです。他のRPGと違うのは一度死んだキャラは2度と復活しない、という点。生き残ったキャラの人数によりエンディングが違います。ですから常に緊張感を強いられ...
Read More

ハリランのジャーマンクロスカーゴパンツ 

ハリウッドランチマーケットのカーゴパンツ。正しくはジャーマンクロスサイドポケットパンツと言うそうです。去年、直営店で購入したのですが、生地が収縮するのでとても着ごこちがよいのとシルエットがカッコいいので気に入っています。色はカーキ、オリーブ、ブラウン、ブラック、グレイと5色展開されています。やはり評判が良いらしく、定番化されそうな気配です。自分が持っているのはオリーブですが、同じものを2本持ってい...
Read More

georgia european 

缶コーヒー、好きです。だいたい1日1、2本は飲みます。コンビニや自販機にはさまざまな缶コーヒーがありますが、いちばんのお気に入りはこのgeorgia europeanです。甘さと苦さが自分にちょうどよいのです。ただしホットだとイマイチとなりますので、コールド前提ですが。調べてみたところ、この缶コーヒーは2003年1月に発売されたらしいので、かれこれ4年近く愛飲してることになります。以前はたしか「ヨーロピアンブレンド」...
Read More

alpha社のM-65 

alphaのM-65。これも10年モノです。1992年頃にアメ横で買ったように思います。とすると、もうそろそろ15年モノですか。その頃仲良くしていた友人がミリタリー好きで、感化されてました。その友人の彼女とも親しくしてたので、よく3人で遊んでたのですが、3人ともこのM-65を着てました(笑)。ちなみに彼は、1992年のエリザベス女王杯であのタケノベルベットとメジロカンムリの馬連7万馬券を的中させ、500円を35万にし...
Read More

adidas sl72 

adidas slシリーズのミュンヘン五輪モデルsl72です。10年くらい前の復刻物で、その頃は空前のナイキブームでしたので、adidasのこういうレトロモデルはあまり人気がなかったように思います。オレンジと白のラインの色合いと全体の細身のシルエットがたいへんツボです。気に入ってずっと履いていたのでボロボロです。これも上のと同時に買ったsl72の水色バージョンです。こちらはしばらく箱に入れたままでその存在を忘れていたの...
Read More

Whiting のアワードジャケット 

以前古着で購入したwhiting社のアワードジャケットです。メルトン製のボディに袖とポケット部分はレザーという王道パターンですが、ヘチマ襟と袖口が折り返しタイプいうのが気に入ったポイントです。これを見つけたのは古着屋ではなく、いわゆるリサイクルショップで、ユニクロなんかの古着と一緒に埋もれていたのを救出(?)しました。この手のお店はこんなのがたまにあったりするので結構楽しいです。古着屋だとそれなりの値段...
Read More