FC2ブログ
http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

コロナで古着屋さんが心配。 

「買取系」のところは良いとして、アメリカをはじめとする「現地仕入れ」のところは大変だろうな、と。渡航できないとなると、買い付けが。。個人的には、アメリカに行って、向こうの旧い靴屋のバックヤードから「発掘」してきてくれることにロマンを感じています。レンタカーで各地をめぐる「買い付け日記」とかを読むのが好き。今はパキスタンあたりに集積するようで、世界的なビンテージコレクターもパキスタン人のようだけれど...
Read More

バック・トゥ・ザ・フューチャー。ビフの靴。 

BTTFに登場する靴でいちばん有名なのは、「2015年」でマーティーが履くNIKEだと思いますが、アメリカ旧靴愛好家として気になるのは、1955年のビフの靴。ブラウンスエードのプレーントゥ・オクスフォード。ちょっと違うけど、雰囲気的にはこんな感じ。https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e419112841たぶん、SEARSとか、田舎のジェネラルストアで売られてた大衆靴メーカーのモノだと思う。ハリウッドの衣装会社って当時の...
Read More

eBay歴21年ですが。。 

先日落札したこのRANDCRAFTですが。。セラーから「見あたらない」ということで、キャンセルになりました。。返金もされたし、まあ、しょうがない。草創期からeBay利用していますが、キャンセル事案は3回目かな。で、代わりにこれを落札。Weyenberg の箱付きデッドストック。結構前から回転寿司だったのだけど、値下げされてたので。early60sですね。販売証明書みたいなのも付いてるようなので、確認してみようと。これもキャップト...
Read More

RANDCRAFTだけど。。 

ベイで捕獲。一応60sデッドだし、16ドルだったので、収集家の義務感が。。(^^;RANDCRAFTはRANDのヤングラインというか、廉価帯。50年代初頭付近で、RAND が10ドル前後に対し、その3割安くらい。上級グレードの RAND FREEMATICSが15ドル程度。ちなみにこの頃のフローシャイムは20ドル近くしたようです。だいたいの位置関係がわかりますね。まだ落札しただけで実物見るのは当分先。廉価ラインなので、クオリティははなから期待はして...
Read More

香港からの刺客。 

こんなのを落札。画像でも伝わるただならぬオーラ。セラーは60sと。うん、アイアグリ―。ギリ50sに入るか入らないくらい?香港の老舗ビスポーク靴店、Kow Hoo Shoe Coのモノ。オクとかで、たまに見かけますね。現存するようです → HPなかなか興味深いことが書いてある。https://www.moksifu.com/holiday-in-hong-kong/アリゾナのツーソンからくるらしい。60年かけて再び太平洋を横断するのか。ロマンですなあ。。<<↓ 応援クリ...
Read More

私の好きなJ.W.CARTER'S。 

もうすでにダイナマイトK氏に引き渡して手許にありませんが。J.W. CARTER'Sの箱付きデッドストック。この‘BROADWAY’ラインの箱を見たのは2回目くらいのような気がする。正直、この箱見たさにダイナマイト氏におススメしました(^^;たぶん、50sに入ってるんじゃないかと。靴としては、この時期あたりから60sにかけてよく見るローポジションシームのUチップ。ガラスレザーだし、まあ作りも「それなり」の大衆靴。でもCARTER'Sでこの手...
Read More

アメリカ大衆靴の魅力。 

時代やグレードによっても違いますが。JM、Aldenなどは高級靴。FlorhseimやWeyenbergなどは上級大衆靴。Interco、Brown系がそれに続き、McAnやE-Jが大衆靴になるでしょうか。1951 AD。この辺は響く方も多いのではないかと。今の日本で言えば、Florsheimクラスが2万円台、Brown系が1万円台、E-Jが1万以下という感じかと。メチャメチャざっくりですが。もちろん60年も経てば、どれもビンテージ化して、当時の価格差は現在の売値に反...
Read More

1980年。あなたは何をしていましたか? 

ダイナマイトK氏依頼のアレンが届きました。1980年製、‘WARTON’の箱付きデッドストック。1981年の春カタログにありました。このヘリンボーン柄・上蓋に紋章入りの箱は79、80、81年あたりのモノと思われます。おそらくスタイル的には、この周辺の方々の好みからは外れそうですが(^^;彼の嗜好にはドンピシャ。←表現が古い?ストラップがやや上部に付いてて、バックルがゴールド。甲が低くて、イタリアンな風情も感じられます。革質も...
Read More

チーニーの現行品。TENTERDEN II CAPPED DERBY BROGUE。 

少し前に、英国のショッピングサイトから買った、テンターデンIIというモデル。ちなみに、テンターデンとテンターデンIIの違いはラストであるらしい。前者は175ラスト、コレは130周年を記念してつくられた130ラスト、とのこと。英国の作家、Lee Childの小説‘The Hard Way’で主人公のJack Reacherが履いてる、と。トム・クルーズが演じてるキャラクターですね。ビン靴愛好家目線でいうと、60年代のロイヤルインペリアルにこういうの...
Read More

デッドは買えるうちに。2足のウィングチップ。 

同じセラーからふたたびBrooks Englishを。今度はM89のショートウィング。前回のキャップトゥと同時期。というか、たぶんもともと同じ人が買ったのでしょう。前のが思いのほか革が良かったので。最近ここんちの現行品を買ったのだけど、ちょっとその辺はイマイチな印象。。なので、末期といえどもBrooks Englishは「買い」かと。100ドルしなかったですし。で、こっちは前から出てたやつ。あんまり買う気はなくて、import chargesを...
Read More