http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

アメリカ旧靴童謡。 

「ふるさと」50s追いし eBay80s釣りし  eBay夢は今も スペードソール忘れ難たき Uウィング「赤トンボ」夕焼け小焼けの赤いシボ壊れて見たのは いつの日か「赤い靴」赤いシボ履いてた ビンマニア異人さんに騙されて 行っちゃった。。。「うみ」この靴ボロいな 大きいなキズが多いし 気も沈む「たのしいひなまつり」グリセリンつけましょ ビン靴にオイルもあげましょ 紐換えてゴミを落として 中も拭く今日は楽しい メン...
Read More

キッドスキンの本領。Foot-So-Port 7eyelet Kidskin Oxford。 

どっかの雑誌風に。。。(^^ゞキッドスキンとは子ヤギの革だ。薄いが伸縮性があり、昔の整形靴に好んで使われていた。履きこむと独特の細かい皺ができる。例えるなら和紙の風合いに近い。光り方もよい。コードヴァンの艶も良いが、キッドの光沢にはまた別の「表情」がある。馬の「動」に対するなら、ヤギは「静」だ。どこか日本の文化に相通じるものを感じる。つま先は思いっきり磨く。甲の部分とコントラストを付けるためだ。これ...
Read More

N.O.S w/box。デッドストック祭り開催。 

例のセラーからまとめて3足購入。すべて箱付きデッド。Uチップ2足。いかに不人気のUチップとはいえ、この金額は可哀想過ぎる。。。“1152”“1116”それとウィングチップ。“2996”無風で買えたのは嬉しいですが、少し複雑。。。(^^ゞそれと、これらとは別にもう1足。年代的には新しいものの、個人的には「アメリカ靴の最後の花火」的な名品だと思っています。<<↓ 応援クリック宜しくお願い致します。>>にほんブログ村...
Read More

リーガルの矜持。Kenfordのストレートチップ。 

学生さんの靴を磨いてあげたときに、感心したのがこの靴。Kenford KB48というストレートチップ。自分でも買っちゃいました(^^ゞKenford はご存知 Regal のディフュージョンライン。Florsheim に対する Worthmore ですかね。撥水加工レザー、ゴム底、そしてセメント製法。日本製。定価は1万円(実売8500円~9000円)ほど。たぶん、ビン靴愛好家やいわゆる靴好きでコレに関心を持つ人は少ないかと(^^ゞ「何でそんなの買った?」と思...
Read More

全員参加?MOSS争奪戦。 

いやあ、予想以上に高騰しましたね。この界隈で、参加された方も多かったのでは^_^程度も良さげでしたし、レアですからね。オールデンファンの中ではウィスキーコードバンなんかがレアカラーですけど、フローシャイムの世界ではこの60s中期のグリーン系がそれになりますか。こっちは「相場」くらいで落ち着いた感じですかね。むこうで80ドルくらいで落札できたとして、送料込でこんな感じですから、妥当かと。関税の危険性がない分...
Read More

禁断の扉。Florsheimノベルティ2点。 

私が利用している転送業者は1ヶ月間無料で預かってくれます。通常はその間に最低2足は買って、まとめて送ってもらうのですが、今回タイミングが合わなくて、1足だけ保管中。その無料保管期限が迫ってきました。1足だけだと高くつくので、何か無いかと物色したところ、目にとまったのがコレ。セラー曰く、20sのフローシャイム・シューサイン。筆記体なので、少なくとも戦前のモノでしょうか。裏には、「フローシャイム社所有物」と...
Read More

わざわざボロ靴を買う理由。 Foot-So-Port 7eyelet Kindskin Oxford (70s) 

それは、劇的ビフォーアフターを体感したいから。革靴は手入れひとつで変化が大きいですし。もちろん、箱付きデッドは神々しいほど美しいですけど、中古靴には再生作業という別の愉しみもある。キミは何屋さんなんだ?という疑問は湧きますが。。。(^^ゞあ、ちなみに、コレはFSPでございます。7アイレットのアルゴンキン、欲しいんですよね。>Shoetyさんへ業務連絡(笑)まだこれは鏡面ではありませんね。。。<<↓ 応援クリック...
Read More

今年一番の収穫。 COLES CORSAIR FULL BROGUES(50s NOSw/BOX) 

英国靴はよく分からないですが、たぶん50sで良いんじゃないかと。最近ブログタイトルに偽りありなので、月に1度くらいはNOS w/BOXを出せねばなるまい(^^ゞ箱はボロボロですが、一応上蓋も付いてました。コレ、有るのと無いのとでは大違い。価値的には10%くらいの差があります(キッパリ w)。何と、あのMartin の革です。Made in Scotland。ウェインバーグにもここんちの Heather Grain とか使われてるので、アメリカ旧靴の世界で...
Read More

靴磨きボランティアその2。リーガル09CR を再生。 

職場の学生さんからこの靴を預かりました。リーガルの09CRというモデル。素材はキップ、セミマッケイ製法で、定価は2万円ほど。買って以来、手入れをしてなかったらしく、このような可哀想な状態に。。。特につま先がキズだらけで、色抜けしてしまっています。左足側はまだクリームで何とかなるかな、と思ったのですが、こちら側は結構ヒドイ。。。他人のモノということもあり、ペーパーを容赦なく(^^ゞ結果。下手くそで恥ずかしい...
Read More

まだ全然ダメですが。 キッドスキンのボロ靴を磨き中。 

以前ヤフオクで拾ったキッドスキン靴を再発見したので、ケア開始。70s確定。メーカーはこの界隈の方なら分かるかと。キッドスキン靴は旧く見られるがちなので、40sとかのキャプションが付くことも多いですが、この辺の年代まではわりと普通にあります。騙されてはなりません(^^ゞ比較のため、とりあえず片方だけ。まだ全然ダメですが、ハイシャインベースとミラーグロスで、不器用でも一応この辺までは。 洗車もそうですが、黒は...
Read More