http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

いい加減な修理を修理。Florsheim U-Wing Kenmoor。 

アチラらしい豪快なリペアをされてた、かわいそうなUウィング。たぶん、タンが取れて、手縫いで縫いつけたのだろう、と。タイヘンだったと思うんですよ。さぞ縫いづらかったのではなかったかと。そういう意味では、修理者に敬意を表して、このままという選択肢もあったのですが、まあ、比較的簡単にリペアできそうだったので。とは言っても、自分ではムリなので、いつものストンプさんにお願いしました。こんな感じ。こっちもこう...
Read More

Florsheim 125th Anniversary Collection 

よく考えたら、今年は2017年。ということは、フローシャイム125周年。お気付きの方も多いでしょうが。。。こんなの出てますね。http://www.florsheim.com/shop/125Years.htmlhttp://www.florsheim.com/shop/125Years.htmlこれは1908年リリース‘The FRAT’のウィングデザインを用いた“125th Wingtip Oxford”http://www.florsheim.com/shop/125Years.html革はホーウィンの Essex Veg Tan。http://www.florsheim.com/shop/125Years.ht...
Read More

30s、40s、50s だけど。。。 

3足仕入れ。。。(^^ゞただし、どれも補修要。まずはこれ。ずいぶん前から回転寿司状態だったUウィング。まあ、この年代、と。たぶん、敬遠されてた原因は、レースステイ下の補修痕。 だから私もスルーしてたのですが、試しに思いっきり値切ったらあっさりAGREED...もっと安くて良かったかな(笑)。しかし、あちらのリペアは大雑把というか。届いたら、どこかに頼んで縫い直してもらおうかと。これはやってくれるとこありますよね...
Read More

50年代は“Viking”? 

Florsheim Imperial の代表的な2大モデルと言えば、ロングウィングとプレーントゥなのですが、私はこれ、最初から“Kenmoor”だと思っていました。ところが。こういう広告を発見。1958 AD1957 AD品番が書いてないので、確言できませんが、(ブラウンなら)“93602”と“93603”に見えます。コードバンブラウンなら、“93605”と“93606”ですね。発売当初は“The Viking”という名で、60sのどこか(手持ちの68年93605の箱には“Kenmoor”とあるの...
Read More

Florsheim Norwegian Front (Shell Cordovan)の型番判明。 

数が膨大すぎて、なかなか全容がつかめないフローシャイムインペリアル。ちょっと最新鋭の武器を手に入れまして、いくつか重要な事がわかったので、そこから一つ報告を。よーろぴあんぶれんどは ちえのみをたべた!よーろぴあんぶれんどは さくてきのじゅもんをおぼえた!これ。手書き、個人名入りのインペリアル・ノーウィージャン(シェルコードバン)。テキトーに“93615”と言ってて、前回この型番が別のインペリアルに振られ...
Read More

Florsheim Imperial “The Royce” (60s) 

一体、インペリアルには何種類あったのか・・・オーバーレイ・プラグ、スピリット・トゥのインペリアル。品番“93615”、モデル名はおそらく「ロイス」。この品番、以前紹介したインペリアルコードバン・Uチップ(カスタムオーダー)の記事で、「もし品番が与えらたとしたら、“93615”あたりかも。。。」と書きましたが、まさか本当にあったとは。予想はハズレましたが、適当に言った品番が実在し、手許に来たことに運命的なモノを感...
Read More

Florsheim Shell Cordovan Long Wings (60s Deadstock) 

Europeanblend's Archives 第11回。Florhseim Imperial Kenmoor 93605。箱付きデッドストック。2011年2月に記事にしました。この界隈の皆さまにはお馴染みの品番。まずは、いろいろ訂正しなければなりません(^^ゞこの以前の記事では「70s」としていますが、正しくは68年製。箱も70s途中までコレだと思いますが、68年にすでに使われていたことが確認できたことになります。70s途中からこっちの箱ですね。5年前の時点で、例のアルフ...
Read More

Florsheim Punched Cap Toe ‘The Westfield’ (50s NOS w/box) 

10周年記念スペシャル(^^ゞFlorsheim ‘The Westfield’S品番直後の1958年製。箱付きデッド(NOS w/box) の完品。1941 LIFE Magazine1943 LIFE Magazine7 アイレット、ホワイトステッチ、そしてタンカラー。完璧です。Flarewedge。ウェストのくびれがセクシーユーです(^^ゞこれが届いたときは、5ケタ品番で、何だ58年か、と思いましたけど、その後、筆記体やS品番を手に入れて感じたのは、この辺は気分の問題かな、と(^^ゞ数年前に...
Read More

ミッドセンチュリーを代表する意匠の靴。 

はいくつかありますが、これは確実にその一つに挙げられるでしょう。Florsheim U-wing “Kenmoor” 1959年製。品番20318。 56年付近までのS-1424 の後継。このU-wing、各社からリリースされていたことがAD等から確認できます。どこかオリジナルか分かりませんが、フローシャイムでは50年のADにありますし、リーディング企業でもありましたから、まあ普通に考えれば、、、でも中小企業のアイディアを大企業がパクることもありうる、...
Read More

2足のビンテージコードバンをケア。 

最近この2足のビンテージコートバンをグリセリンケアしたので、記念アップ。フローシャイム・インペリアルのノーウィージャン。推定65年製。→前回の記事93619(92619)のシェルコードバン・バージョンで、品番がなく、個人名があることから、パーソナルオーダーと思われるモノ。お次はコレ。この蘇生記事でとりあげたコードバン・ショートウィング  →隠れコードバンを探せ! →ボロいコードバン靴を磨いてみましたメーカー名を言...
Read More